大掃除断捨離でゆとりが生まれた!収納量の黄金律やましたひでこさん監修の本

PR

断捨離でおなじみのやましたひでこさん監修の本です。

分量も少なくあっという間に読み終えました。
時間のない人には、ちょうどいいのでしょうか。

ゆとりが生まれた

断捨離するようになって、
部屋が片付き、
ゆとりが生まれた、
掃除をまめにするようになる、
など私自身とっても体感しております。

今まで物に埋もれていた物が発掘され(笑)
スポットが当たることもあると思います。
たとえば外国語の教材が発掘され、
また勉強がんばってみよう!とか、
壊れたレコードプレーヤーを修理に出すなど…
はい、全部私のことです。

収納量の黄金律がある

話は変わりまして、
著書の中では7:5:1の収納量の黄金律というものが紹介されています。

①見えない収納:7割 タンスとかクローゼット
②みえる収納:5割 ガラス窓月の食器棚など
③見せる収納:1割 趣味やお気に入りのものを飾るスペース 

美観を感じる場所などその通りではないでしょうか。
③は台のうえに1つだけ作品が展示されている美術館のようなイメージですね。

ともあれ、内面が具現化されたのが生活環境だと思うので、
自分自身、綺麗を保っていきたいと改めて決意した一冊でした。