細胞を擬人化したアニメ「はたらく細胞BLACK」TV番組(世界一受けたい授業)で紹介

細胞イメージ おすすめ

我々の体はさまざまな細胞で成り立っている。そんな細胞を擬人化したアニメがあることをTV番組(世界一受けたい授業)で知った。

体の細胞を擬人化したアニメ「はたらく細胞BLACK」

喫煙すると体内ではどうなるか?痛風が起きると体の中ではどんなことが起きて、どのように細胞さんたちは頑張っているのか、加齢臭はどうやって発生するか、エコノミー症候群のメカニズムなどを身体中に酸素を運ぶ「配達屋」として描かれた赤血球の主人公視点で描かれている。みているうちに擬人化された細胞さんたちに感情移入していく。自分の体の中の細胞さんたちのことなので「他人事」ではないのも、物語にのめり込んで行くポイントだと思う。「はたらく細胞BLACK」は不摂生の体内で何が起きているかをBLACK企業に比喩して描かれているのだが、「はたらく細胞」シリーズは他にもあるようだ。

何か大きなトラブルがあれば、「未確認の細菌が膀胱内に侵入!」など司令塔に伝わるシーンがあるのだが、司令塔のシーンはちょっとエヴァゲリオンを彷彿として面白い。

取り扱っている内容は高校の生物レベルと感じた。知識では知っていた細胞の役割を擬人化されたアニメでリアルに楽しみながら学べるので、「生物」の勉強をするにちょうどいい。「沈黙の臓器。肝臓」などアニメを楽しみながら勉強できるのはなかなか効率的だ。

「はたらく細胞BLACK」の監修は医師。内容が評価されフランスの推薦図書になっている。

ただのおふざけアニメかというと、そうではない。医療監修は原田知幸医師が行っている。また内容が評価されてフランスのル・モンド紙が紹介する「この夏推薦する図書リスト」に推薦されたほど。世界からの評価も高い。

「はたらく細胞BLACK」の擬人化傾向

白血球は外部のウイルスなど敵と戦う役目があると学校で習った記憶があると思うが、アニメを見ていて感じたのが、白血球をはじめ外敵と戦う系の細胞が女性でしかもセクシーな傾向がある。

マクロファージは清楚なメイドの姿で描かれていたが、細菌などの異物を捕らえて殺し、 抗原や免疫情報を見つけ出し、 死んだ細胞や細菌を片付ける役割もあるので見かけによらず?最強かつ猟奇的なのがシュールで面白い。

体内を「街」として描かれているので一般人は「細胞」Tシャツを着ている。通路は血管として描かれているようだ。通路にゴミが溜まっているのは血管がストレスや暴飲暴食なんかにより脂肪が溜まって健康的ではない状態を描写している。

「はたらく細胞BLACK」のアニメがみられる動画サイト


Amazonプライムビデオで現在「はたらく細胞」と「はたらく細胞BLACK」がみられる。

Amazonプライム・ビデオ

プライム会員であれば会員特典で追加費用なしで視聴が可能だった。会員の方は観てみるとハマると思う。こんな感じのアニメが高校の時にあったら高校の生物の試験はもっと点数が取れたと思う。

「世界一受けたい授業」で監修した医師自体が細胞を擬人化したことで「禁煙できた」と語っていたが、わかる気がする。細胞さんたちに無理させちゃいけないと感じるようになる。アルコールのとりすぎや生活習慣に気をつけようと思った。いかに不摂生が自分の体に影響ありかを知ることができるので、会社の健康診断に引っかかって医師からアドバイスを受けるよりもリアルに「やばい、気をつけよう」と感じられる。

個人的には歌舞伎町を模した「肝臓」で綺麗なおねーさんに”抜いてもらう”回や主人公たちの赤血球が一酸化炭素中毒になりゾンビ化するシーンが好きだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました