甲州印伝の長財布竹田恒泰氏も愛用!ビトンのブランド財布から買い替えてみた

印伝の名刺入れ おすすめ

財布は3年で買い換えると良いと言われている。

今回はどんな財布がいいのかなと吟味した結果、大好きな作家竹田恒泰氏もご愛用とのことで、甲州印伝の印傳屋(いんでんや)の財布に決めた。

甲州印伝小銭いれ

長財布、小銭入れともに買い換える。

ちなみに私が今まで使用していたのは、ルイヴィトンのタイガ。丈夫な素材と作りで「流石だな」とお気に入りだった。甲州印伝の財布に決めた理由は大好きな作家さんご愛用というのも大きいのだが、単純に見た目の美しさに惹かれた。

お年頃なのか自分の持ち物の中に「和」のテイストを取り入れたいなと感じ始めたことも理由の一つ。実際に印伝を手にすると模様の芸の細やかさがたまらない。商品という枠を超えて【作品】であると感じた。

甲州印伝の種類:染革技法

染革の歴史は古い時代まで遡ると考えられている。

燻(ふすべ)技法

甲州印伝には燻(ふすべ)技法と言うものがある。

seizou_fusube

煙で燻(いぶ)して革を染める技法。
推古朝(592~628年)時代に確立したと言われ、現在では唯一印傳屋だけに伝承されている日本独自の技法。ポルトガル人宣教師・ルイスフロイト(1532~97)も「我々の毛皮は染料で染色する。日本人はただ藁の煙だけを用いて極めて巧みに着色する」と驚きをもって伝えている。煙で燻すことによって革がしなやかになり水に濡れても革が硬くなりにくくなる。

燻す製法のため、出来た当初は独特の「におい」が強くするそうだが時間と共ににおいが薄くなってくるとのことだ。甲府の印伝ミュージアムに行ったときに嗅いだことがあるが確かに燻製の匂いがした。

漆付(うるしつけ)技法

漆付(うるしつけ)技法について

seizou_urushi

鹿革に漆を塗るという技法は、遠祖・上原勇七が考案したと伝えられている。今では印傳と言えば漆付け技法と言われるくらい甲州印傳の代名詞となっている。

私が新調した財布もこの製法だ。漆が塗られた部分は突起している。使い続けるとどうしても良く引っかかるところは漆がはげてくるが、それも味の一つだ。

更紗(さらさ)技法

更紗(さらさ)技法について。

seizou_sarasa

更紗(さらさ)という名の由来は、日本の小紋柄が、生地一面に細かい模様を捺染(なせん=プリント)するインドの更紗の生地に似ていることから、同じように顔料を捺染するこの技法を更紗技法と呼ぶようになったといわれている。

印伝博物館で歴史を学ぶ

歴史深い甲州印伝。興味があれば印傳博物館というミュージアムもある。歴史を学びに行くと、より甲州印伝財布に愛着がわく。都内から電車・バスで数時間のロケーションなので日帰りでも行ける。

リンク:印傳博物館

じっくり楽しみたいときは宿に泊まるのも余裕を持って観光ができるのでいいだろう。

これぞ手作り。待つのも「粋」

通販で注文したのだが、私が注文した時は希望した亀甲の長財布と小勢入れの在庫がなかったようだ。ネットショップ曰く「工房に問い合わせ他のですが、今からお作りしますとのことで、3ヶ月ほどお待ちいただけますか?」とのこと。正直今すぐにでも使いたくて「長いなー」と思ったが、今まさに私の財布が手作りされようとしている状況も面白いなと思い「いいですよー」と回答。気長に職人が作り上げるのを待つのも、お客としての「粋」かなと考えた。
ちなみに制作完了までに3ヶ月もかからなかった。

※2021年3月追記:本記事の初回投稿から日付が経ったので、あれからまた買い替え、今は印伝の「更紗」の財布を使用している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました