広告の心理学の秘密。売れる商品と売れない商品の違い「どうすればお客は行動を起こすのか?」

現代広告の心理技術101-著者:ドルー・エリック・ホイットマン 書籍

日常に溢れている広告。実は様々な心理学が陥られていることを知っていましたか?我々は知らない間にたくみに仕組まれた広告を目にし、耳にし購買行動に誘導されています。一瞬嫌悪感すら抱きますが、これは決して悪いことではありません。いいものを届けるには広告など「売り込むスキル」も必要です。駆け出しのミュージシャンの如く、自信作の良いものだからといって売れるわけではないです。いいものを世に届けるには売る技術・スキルが必要です。

広告で売れる商品と売れない商品の違いを知りたい

もしあなたが自分の「売るもの」を持っていたり、ビジネスはしていないけど心理や行動学などに興味があればおそらくこんなことを思うはず

  • 売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。
  • ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。
  • ライバルの商品が売れて自分の商品が売れない理由を知りたい。
  • そもそも反応の取れる広告とは何か?を知りたい。

これらの違いや理由を知れば自分のビジネスに生かせます。たとえサラリーマンであっても「売れる商品や売れない商品」「反応がとれる広告」の知識は業務に応用し生かすことができる、ライバルに差をつけたり、上司のアピールにも繋げることができます。それを解説した本が「現代広告の心理技術101」です。

現代広告の心理技術101

どうすればお客は行動を起こすのか?

なぜならこの本は数多くの実験結果から導かれた「どうすればお客は行動を起こすのか?」という
顧客の行動心理を徹底的に解明した本だからです。

メルマガやアフィリエイト、リスティングなどのネット関連の広告に限らず、ダイレクトメールや雑誌広告などのオフラインの広告に至るまで、文章で商品を販売する人間にとって、「顧客が何を考えて、どう行動するのか」ということを”知っている”のは非常に重要です。広告を見た見込客が何に反応してどういうアクションを起こすのかという心理学を知るこは商品を売ることは簡単になります。

広告のみならず、会社員であれば上司へのアピール、顧客へのプレゼン時に自社製品をアピールして制約に繋げるなど、BtoBのヘルプデスクであれば口うるさい取引先のクレームを巧に心理学を利用して押さえ込むだけでなく、ピンチはチャンス、苦手な取引先から一番の良い取引先へ転化も可能かも知れません。ただの広告に書かれた本ではなくアイディア次第で応用の幅が広がります。

高度なコピーライティングの知識も必要ない。

「広告心理学」を知っていれば高度なコピーライティングの知識も必要ないと、書籍では語っています。

・パワフルな広告、パンフレット、セールスレター、ウェブサイトの作り方
・あなたの言葉を人に信じさせる方法
・人にレスポンスを返させる「ずるい」方法
・「魔法のような」ヘッドラインを書くコツ
・広告で絶対にやってはいけないこと

広告という文字をプレゼンに置き換えてみてもいいかも知れません。プレゼンの場では文字を使って亜オーディエンスに反応(成約・同意)を求めます。その時にパワフルなパワポ、資料の作り方を知っていれば見込み客との制約を逃したり、役員や上司などに企画を反対される可能性が下がることは想像できます。

広告にはあまり馴染みのない会社員であっても、これから「自分を売り込む」就活生や転職活動を考えている人など知っておくと、収入UPや希望の職業につけるなど、自分のメリットになると思います。

現代広告の心理技術101-著者:ドルー・エリック・ホイットマン
現代広告の心理技術101

コメント

  1. […] 日常に溢れている広告。 実は様々な心理学が陥られていることを知っていましたか? もしあなたが、 売れる商品と売れない商品の違いを知りたい。 ヒットする広告と失敗に終わる広告の違いを知りたい。 ライバルの商品が売れて自分の […] 引用元サイト […]

タイトルとURLをコピーしました