原爆は100万の人命を救ったのか?アメリカの戦争責任。戦後タブーにメス!竹田恒泰氏

PR

オバマ米大統領の訪問で話題の広島。
大統領が被爆者と抱き合う場面など
映画のワンシーンのようで印象的でした。

このオバマ大統領広島訪問が
どのような【意味】【意義】があったのか?を知るために

竹田恒泰氏の「アメリカの戦争責任」を読んでみました。

「アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む」を読んでみました

アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑むを読んで、
一番ためになったことは、

当時、米国、ソ連の指導者間が
水面下でどういうことを考えていたかを
知ることができたことです。

目から鱗でした。

「アメリカの戦争責任 戦後最大のタブーに挑む」の内容

「アメリカの戦争責任」のどの辺が目から鱗の内容かというと、

よく原爆は30万人の命を奪ったが
100万人の生命を救ったのだという主張がありますが
しれは真実なのか?

原爆投下はホントに不可避だったのか?
など著書内で検証なさっている点です。

歴史は、勝てば官軍ですが
教科書等だけの情報で歴史を知った感じになりますが、
いろいろな側面からのアプローチで歴史を見ると
いろいろなものが見えてきます。
それを感じさせられた一冊です。

ところで
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムはご存知でしょうか?

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)とは

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である。

「勝てば官軍」という言葉のある通り、
歴史は勝者の視点で後世に残るものです。

でも平和的な外交手段ん努力もむなしく戦争に突入した時に
双方の大義名分があるはずです。
それが日本の立場だったら大東亜共栄圏の建設だったりします。

今の世ではこの「大東亜」という言葉は口にすることがはばかられます。

おそらくあなたも今
「え!大東亜?これ書いている瑛博ってなんか危なくない」
とか思ったのではないでしょうかw

これがすでに、
ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラムの成果です。

事実、GHQはプレスコードをしき、
日本が「大東亜戦争」と言っていた出版物を検閲し「太平洋戦争」と改めさせます。

我々が生きている「戦後」はこう言った流れの上にあることを
知っておく必要があります。
目にする、耳にする情報に注意する必要があります。

日本は水に流す文化。でも流しすぎは注意!

日本人は「謝罪しろ」だとか「賠償しろ」とか言わない国民性です。

過去のことに対して、「謝罪しろ「賠償しろ」というこに関しては、
私は、「口にすることうこと自体嘆かわしい」という考えです。

日本人は過去にとらわれず、「水に流す」という文化があります。
これは四季があり、自然豊かで綺麗な水の豊富な土地だからこそ育まれてきた
考えだと私は考えます。

例えば、
一年中夏で、砂漠では四季の移り変わりも感じることはできず
「水に流す」の考えは生まれづらいのではないでしょうか?

ただ何でもかんでも「水に流す」してやり過ごすのはダメです。

将来に向け、過去にあったことや経緯を知る必要は、
将来の無用のトラブルを避ける点で重要です。

「歴史から学ぶ」ですね。

本を読んだらこの機会に広島に飛んで
改めて戦争・平和について考えてみるのも良いのかと考えます。