原爆は本当に100万の人命を救ったのか?検証。アメリカの戦争責任戦後のタブーに挑む書籍

アメリカの戦争責任-竹田恒泰 書籍

オバマ米大統領の訪問で話題の広島。大統領が被爆者と抱き合う場面はまるで映画のワンシーンのようで印象的だった。このオバマ大統領広島訪問がどのような意味と意義があったのか?を知るために竹田恒泰氏の「アメリカの戦争責任」を読んでみた。

第二次世界大戦終結間近に米国・ソ連の水面下の思惑

竹田恒泰氏著「アメリカの戦争責任」を読んでみた。一番ためになったことは、当時、米国、ソ連の指導者間が水面下でどういうことを考えていたかを知ることができた。目から鱗だった。

30万人の命を奪って100万人の人命を救った主張の真偽

「アメリカの戦争責任」のどの辺が目から鱗の内容だったかというと、原爆は30万人の命を奪ったが
100万人の生命を救ったのだという主張がある。これは真実なのか?原爆投下はホントに不可避だったのか?など著書内で検証が行われている。

歴史は、勝てば官軍だ。教科書で教わっただけの情報で我々は歴史を知った気になる。これは危険だ。物事には色々な側面があるので色々な視点・側面で物事を見る必要がある。決して一面だけで分かった気になってはいけない。違ったアプローチで歴史を見るといろいろなものが見えてくるものだ。そういうものの見方の大事さを教えられる。

戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画。WGIPとは

ところでWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)はご存知でしょうか?

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム
(英語:War Guilt Information Program、略称:WGIP)とは、文芸評論家の江藤淳がその存在を主張した、太平洋戦争(大東亜戦争)終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、以下GHQと略記)による日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」である。

「勝てば官軍」という言葉のある通り、歴史は勝者の視点で後世に残るもの。平和的な外交手段の努力もむなしく戦争に突入した時、双方の大義名分があるはずだ。それが日本の立場だったら大東亜共栄圏の建設だった。

悲しいかな現代では「大東亜」という言葉は口にすることがはばかられる。この記事を読んで少しでも「大東亜」という言葉に違和感やネガティブに反応したのであれば、それがすでに、WGIPの成果だ。

事実、GHQはプレスコードをしき、日本が「大東亜戦争」と言っていた出版物を検閲し「太平洋戦争」と改めさせる。我々が生きている「戦後」はこう言った流れの上にあることを知っておく必要がある。自由に情報が伝達されていると思っていたらそれは幻かもしれない。目にする、耳にする情報に注意する必要がある。

日本は水に流す文化。正しく知って正しく主張しないと嘘が本当になる

日本人は「謝罪しろ」だとか「賠償しろ」とか言わない国民性だ。

過去のことをいつまでも「謝罪しろ」「賠償しろ」という態度には嘆かわしさを感じる。四季折々の表情を見せる大自然、綺麗な水が流れ、安全で住みやすい気候に恵まれ、文化を育んできた日本人には古来より「水に流す」という文化がある。我々にとっては当たり前かもしれないが、一年中天候は夏の砂漠では四季の移り変わりも感じることはできず「水に流す」の考えは生まれない。

ただ、何でも水に流してはいけない。将来に向け、過去にあったことや経緯を知る必要は、将来の無用のトラブルを避ける点で重要。我々は先人たちの歴史から学ぶことができる。日本人の自己主張しない性格を利用して情報戦略でプロパガンダを流し、実際に過去になかったことをさもあったことに塗り替えようとする勢力がある。正しく知って正しく主張をしないとマイケルジャクソンのビリージーンの歌詞ではないが、嘘が本当になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました