江戸時代庶民の移動は制限され旅行も禁止だが神社仏閣巡りは例外

伊勢 夫婦岩 コラム

江戸時代といえば対外的には鎖国が有名だ。国内事情も同じく時代劇の関所のイメージ通り、庶民の国内の移動も制限されていた。

江戸時代庶民の旅行は禁止!自由な移動はここ最近のこと

唐突だが、現在2時間30分あればどこまで行けるだろうか。新幹線では大阪まで、飛行機では沖縄まで、東京から行くことができる。無論、お金も必要だが気分転換に旅行しようと思えば、数時間で目的地に行ける。交通手段の進歩は、我々に多大な恩恵を与えてくれた。

一方、江戸時代など昔は移動手段といえばもっぱら、徒歩。日帰りツアーで温泉に浸かってなんて話は想像だにせず、旅行といえば何日もかけるものであった。しかも、庶民が自由に国内を移動できるようになったのは、実はここ最近、明治時代以降になってからのことだ。

江戸時代 人々の自由な移動は制限されていた

先述の通り、江戸時代は武士や庶民の区別なく、人々の自由な移動は制限されていた。

関所のイメージ

通行手形がなければ、関所の門をくぐることはできなかった。今では想像しずらいが、関所破りは重罪で磔の刑に処された。

通行手形は、江戸時代の日本で人が旅をしようとするときに、許可を得て旅行していることを証明した物。その許可の証として、旅行中所持していることを義務付けられ、現代の通行証や日本国旅券に相当する。

シャレではないのだが、当時の藩は半独立国家のようなものだ。現代人の感覚で言えばビザを取ってパスポートを持って海外に行くような感じだったことであろう。

江戸時代旅行は禁止だが神社仏閣巡りは例外

庶民の移動が制限されていた江戸時代の旅行、では、誰もが生まれ故郷や領地に缶詰だったかというと、そうでもなかった様子である。

大名行列と言えば、一般の通行人は道端へ避けて下座しなければならなかった。ましては頭をあげたり、横切ったり無礼があれば、すぐさまその場で、切捨てられてもおかしくない。しかしながら大名行列を、医者と産婆は横切って良かったそうである。ルールとは言えでも例外があり、この場合は人道上のものである。

話を戻そう。庶民の移動の制限には例外があった。それは、神社仏閣をめぐるという、信仰目的の旅であれば可能だったようだ。

伊勢参りの旅については例外的に無条件で許されていた。
その他、日光東照宮、善光寺など、
有名寺社の参詣もおおむね許されていた。

つまり当時は、旅行イコール、神社仏閣巡りだったと言っても過言では無い。

江戸時代神社仏閣巡り代表格はやっぱり伊勢の神宮!

代表的なのは三重県の伊勢の神宮(正式名称は「神宮」)の「おかげまいり」だ。

文政13年(西暦1830年)には5ヶ月足らずで、427万人の参宮者があったとの記録が残っている。伊勢の神宮は、今も昔も大人気のパワースポットと言うことが数字からもうかがえる。女子旅や御朱印集めなど最近は流行りだ。本家の神社本庁が資格試験まで出すくらいに盛り上がっている。

そういえば無意識に旅行に出かけた際は、現地の神社仏閣やお城を見てまわっている。今でも旅行と言えばなんとなく、その地の神社仏閣を見てまわる風潮がある。これは我々日本人のDNAに代々刻まれたものかもしれない。

コメント

  1. […] 江戸時代といえば対外的には鎖国が有名だ。国内事情も同じく時代劇の関所のイメージ通り、庶民の国内の移動も制限されていた。 江戸時代庶民の旅行は禁止!自由な移動はここ最近のこと 唐突だが、現在2時間30分あればどこまで行ける […] 引用元サイト […]

タイトルとURLをコピーしました