サテライトヤング。北欧逆輸入80年代アイドル歌謡グループ「サテヤン」めざましテレビでも放送

PR

「サテライトヤング」って知ってますか?

めざましテレビで「サテヤン」として取り上げられた

「サテライトヤング」

日本じゃまだ知名度はないのですが、北欧で人気らしいので、逆輸入されてきています。

「サテライトヤング」とは?

サテライトヤングとはなんぞや?
というと、80年代アイドル歌謡をコンセプトの曲を発表しているグループです。
メンバーは 草野絵美、 ベルメゾン関根の2人で

ジャケットもかなり80年代を意識して
30〜40代には「あるある!」と80年代あるあるに共感すると思います。

イラストのタッチとか髪型なんかモロ80年代ですね。

サテヤンの定義する80年代アイドル歌謡とは?

彼らの楽曲「サテライトヤングのテーマ」で語られています。

1980年代
かつて地球には古今東西あらゆるサウンドを飲み込んでしまう
奇跡的な音楽が存在した
アイドル歌謡である
絶滅したかと思われた
アイドル歌謡の遺伝子は
30年に一度突如出現すると言われる
サテライトヤングで独自の変化を遂げていた

そう言えば

美脚グループのPerfumeやきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲を提供している

中田ヤスタカさんも80年代を感じさせる楽曲ですよね。

80年代の音を現代版にした作風です。

サテライトヤングのボーカルの草野絵美さんは

1990年ですので、リアルタイムでは80年代世代ではありません。

しかも驚くなかれ2012年に21歳で結婚現在1児の母です。

こんなお母さんかっこいいですね!

もともとリポーターやフォトグラファーをやっていて、

原宿を中心にストリートスナップを撮影していたそうです。

2014年にサテライトヤングに参加されているので

育休明けの仕事が「サテライトヤング」と言っても過言ではないでしょう。

さらに草野絵美さんのバイタリティがすごいなというのが、

自ら作詞作曲、歌唱。メロディをアカペラで決め、

衣装、メイクなどもセルフプロデュースしている点です。

超クリエイティブですね!

草野絵美さんのオフィシャルサイトもかなりアーティスティックなものを感じます。

では肝心お音楽はどうか聴いてみました。

スポンサーリンク

サテライトヤングの80年歌謡曲度は?

めちゃ辛口にいきます。

何を隠そう私、めっちゃ80年代の曲好きで
ヘビメタギタリストやっていましたから。
車の曲荻野目洋子だったり、浜田麻里だったりしますからね。
今でも

カラオケに行っても気づけば選曲は
80年代のものばかりに自然になります。

そこで「サテライトヤング」とは何かを知るために
シーンとした部屋でアルバムに向き合いましたよ
真剣勝負でがっつり聴き込みましたよ

そんな私の評価は

(;゚д゚)ゴクリ…

「めっちゃ80年代キタ━(゚∀゚)━!!!」

すごいですね。

「うんうん、そうそう!」と80年代歌謡のポイントを押さえています

私が思うに80年代歌謡ってかなり特徴があるのですyp

  • キャッチーなメロディの繰り返し
  • イントロで曲名を言っちゃうことがある
  • シンセドラム
  • こもった感じのリバーヴ強めの音作り
  • 曲のエンディングのサビの繰り返しの最後でなぜか転調してキーが高まる

etc…

押さえていますね…

見事に…

これ書いているおじさんは、もう、どハマりですよ!

エンドレスリピートなう。

懐かしい感じまでします。

アルバムの中では
「Break! Break! Tic! Tac!」「Al Threnody」
「卒業しないで、先輩!」「Dividual Heart」
なんかなんかいいですね。

サテライトヤングのCD・アルバムは?

現在サテライトヤングのCDアルバムは
先ほども登場した「SATTELITE YOUNG」のみです。

これまでの活動はCDなどリアルメディアでない
音楽配信のみで行ってきたそうです。
現代的ですね。

ですので、

iTunesでも聞くことができます。
私も利用しているのですが、
月額定額制のApple Musicであればそのまま丸っとアルバム聴けちゃいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする