iTunesのファイルをSDにコピーしたら隠しファイルが出現。カタログファイル一括削除コマンドはこれ

ズバリこれ

パソコン上級者向けの記事である。

ドライブのお供に手持ちの音楽ファイルを聴こうと、iTunesからSDカードにファイルをコピーしたら、SDカードに予期せずコピーされた隠しファイルのせいでカーナビでの音楽再生で困った。

カーナビにSDカードを挿入。ドット始まりの「隠しファイル」が音楽再生の邪魔

Macではいつも通りのコピペの要領で曲名がついたファイルをFinder経由でSDカードに移した。その後、曲をコピーしたSDカードをカーナビに挿入して、ちゃんと曲を聴くことができるかのテストをした。そしたら問題が起きていることに気づいた。

その問題とは、カーナビで一曲再生された後に、カーナビの画面に「再生できるファイルではございません。確認『OK』」のメッセージが表示された。1曲ごとに曲の再生が中断され、タッチパネルにダイアログが出現するのでイラつく。

原因は、SDカードの中にドット(._)から始まる、隠しファイルが存在しているからである。

隠しファイルがあることによって、カーナビから「ファイルを再生できません。」の通知が来る。このままでは楽しいドライブに水をさされてしまう。と言うか、走行中いちいち曲の再生がストップして、ダイアログメッセージの「OK」ボタンを押す羽目になるので危険だ。

ドットから始まる邪魔な隠しファイルの正体

ドット始まりのファイルはMac、Linux、UNIXのシステムファイル

Macもそうなのだが、UNIXやLinuxではドットから始まるファイルは、システム絡みのファイルになる。別にこのドットから始まるファイルがSDカード上に存在していても、カーナビの音楽プレイヤーで悪さをしなければ問題はない。だが、現実は曲が停止して、ダイアログが出現し、「OK」ボタンのクリックを催促される。問題ありありで、不快感極まりない。

ドット始まりのシステムファイルは”カタログファイル”

そもそもドットから始まるこの隠しファイルとは何であろうか?削除して良いものなのだろうか?

ドットから始まるファイルは”カタログファイル” と言って、Macのファイル管理方式に組み込まれている。例えば、「abc.dat」というファイルには、「._abc.dat」が作成される。要は付加情報のためのファイルのようだ。削除しても問題なさそうだ。

MacとカーナビではOSが異なる。Mac特有の隠しファイルなので、カーナビのOS側で隠しファイルを無視できればよかったものの、ナビのOSでは律儀に再生を試みて「再生できません!」となったようだ。

ドット始まりのMacの隠しファイルは削除しても問題なし

ドットから始まる隠しファイルは、Macのカタログファイルだということが分かった。

カーナビの音楽プレイヤーで曲を再生するには、肝心要のmp3やm4aなど音声ファイルがあれば十分である。よって、隠しファイルは消しても問題はないので削除を試みる。ただし、対象の隠しファイルをいちいち手で削除していくのは億劫なので、コマンドで一気に削除できる方法を紹介する。

Macのカタログファイルを消すコマンド

コマンドと手順を示していく。

Macのターミナルを開きSDカードの場所に移動。
環境依存だが、下記のようになる。

cd /Volumes/(SDカードの名前)

隠しファイルも含め内容確認。

ls -la

カタログファイルが存在している。

iTunesからファイル取込SDにコピーするも謎の隠しファイルが!消すコマンドはこれ!【玄人向け】

音楽ファイルと混在していることも確認できた。赤枠の中が必要な音楽ファイル。

iTunesからファイル取込SDにコピーするも謎の隠しファイルが!消すコマンドはこれ!【玄人向け】

コマンドは、同じ問題を抱えた海外の方のコミュニティの投稿記事を参考にした。

iTunesからファイル取込SDにコピーするも謎の隠しファイルが!消すコマンドはこれ!【玄人向け】
find . -name "._*" | while read file
do
rm -f "$file"
done

ターミナルで上記コマンドを実行して、再度ls -laを行って、ファイルの一覧を確認すると下記になった。

iTunesからファイル取込SDにコピーするも謎の隠しファイルが!消すコマンドはこれ!【玄人向け】

ドットから始まるカタログファイルが、綺麗に消えていることが確認できる。これで変な隠しファイルに邪魔されることなく、快適にドライブができるようになった。

音楽定額配信サービスも悪くない

記事投稿当時からだいぶ音楽定額制サブスクも広がった。現在コピーを試みている曲はひょっとしたら月額定額制のAmazon Musicで配信している曲の中に入っているかもしれない。

普段Amazonでモノを購入していると思う。既にAmazonプライム会員ならば、「Amazon Music Unlimited」追加料金なしで、200万曲の楽曲や音楽の専門家が選曲したプレイリスト、ラジオを聞くことができる。これだけ曲があれば、好きなアーティストのアルバムをまるっと聴いたり。ドライヴに会うプレイリストの曲をアプリにダウンロードしておいて、ドライブ中、思いがけず良い曲にであうなどの意外な発見もあって面白い。

ただ、最近のヒット曲や有名アーティストの曲はAmazon Music unlimitedでないと聴けないものもある。Amazon Music Unlimitedは7,000万曲の楽曲やプレイリスト、ラジオなどを楽しめる音楽聴き放題サービスで、月額のサービス料金もお手軽価格。通勤時や外出時、トレーニング時など普段音楽を聴き歩いている人にはおすすめ。気になるスマホのパケット量も家のWiFi環境であらかじめ好きな曲をスマホにダウンロードしておけば問題ない。

コメント

  1. […] の隠しファイル・カタログファイルを一括削除コマンド https://tsurezurelife.com/itunes-sd-hide-file-name/ […]

  2. […] パソコン上級者向けの記事である。 ドライブのお供にと手持ちの音楽ファイルを聴こうと、iTunesからSDカードにファイルをコピーした。 カーナビにSDカードを挿入するも、ドット始まりの「隠しファイル」が邪魔 一見、Mac […] 引用元サイト […]

タイトルとURLをコピーしました