ナインタイル今夜はナゾトレ東大生の松丸亮吾君が勉強の合間に息抜きでやっていたカードゲーム

PR

今夜はナゾトレを見ていたら、
東大生の松丸亮吾くんの勉強方法が紹介していました。

その前に東大生あるある習慣のランキングを
5位から1位まで紹介していました。

東大生の習慣あるあるランキング

詳しい順位は忘れてしまいましたが、記憶が正しければ

・カレーをよく食う。
・音ゲーが好き
・街でナンバープレートなど数字を見ると、足したり書けたり割ったりする

ちなみに4桁のナンバープレートを見て答えが10になるように考えたりするらしいです

7355だったら、(7+3) ×(5÷5)= 10とかです。

あと1つは忘れてしまいましたw
わたしもカレー食べなきゃですねw

第1位は予想通りでした!

勉強は勉強部屋以外でする!です。

東大生はリビングで勉強するって有名ですよね。
家族の視線があった方がサボらなくて良いそうですよ。
あと両親とかの会話でわからない単語があったら
すぐにその場で調べる習慣がつくのでよいです。

私も「シラフ」を小学生の時に両親の夫婦喧嘩でおぼえましたw

ナゾトレ松丸くんの勉強の合間の息抜きが「ナインタイル」

ナゾトレ東大生の松丸亮吾くんの勉強習慣がTVで密着取材されていたのですが
興味深かったのが勉強の合間に、
息抜きでカードゲームをしている点でした。

私も初めて聞きましたが「ナインタイル」というゲームだそうです。
タイルという名のごとく、四角のカードがあるのですが、
この四角いカード9つを、
「お題カード」に書かれた模様と同じようになるように、
並べ換えるゲームでした。

スポンサーリンク

ナインタイルはトランプの神経衰弱的な要素が求められます

9つのカードは両面に異なった模様が1枚ずつ描かれているので、
いかに最短で並び替えられるかが重要とのことでした。
トランプの神経衰弱的な要素が求められます。

言葉では難しいのですが、
やってみた方が簡単だと思います。

画像認識して並べ換え、
最後の仕上げに脳を使っての短期記憶も求められるゲームで
面白そうでした。

息抜きでさえも脳みそを活性化!東大生おそるべし!

息抜きでさえも「ナインタイル」という
単純でもいかにも脳みそを活性化させそうなツールで遊ぶ…

というか、そもそも見つけてくることにびっくりですね

本人たちは無意識でも、
生活の「習慣」として脳を使っているので見習わなきゃと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする