マンション住まい神社のお札には「簡易神棚」巻かれた薄紙は剥がして良い

簡易神棚-ヒノキ-一社造りアクリル ズバリこれ

神社に行ってお札をいただいてきたものは良いものの、都内のワンルームマンション暮らしの場合どこに置けば良いかは悩むところ。

明治神宮-神札-上袋


神様を祀るので流石に邪険にはできない、神札なので部屋の中でも綺麗な場所に置く必要がある。
カオスの汚部屋にいくらお札を置いたところでご利益があるとは思えない。

簡易神棚が賃貸物件にはおすすめ。ピン穴1つで設置可能

私もアラサーの頃、都内のワンルーム住みだったころに置き場所には困ったものだ。
スッキリしていてかつ綺麗な場所で神札を立てかけられる場所といえば4段チェストの上だったのだが、どうしてもしっくりこない。


なぜなら、丁重に祀って入るものの、お札を見下げる形になるのでしっくりこない。
神様を見下げることはいけないので、最低でも自分の目の高さ以上は確保したいところ。

賃貸マンションなので、L字の金具を2本と、天板を購入して棚を作るわけにもいかないので困っていた。

そんな時に「簡易神棚」という便利グッズの存在を知った。

ヒノキ製でお札を安置してもしっくりくるし、デザインもシンプルだがかっこいい。
壁に画鋲一つだけでかけることができるので、設置が楽だし、ピン穴1つ開くだけなので、賃貸物件でも安心だ。

簡易神棚-ヒノキ-一社造りアクリル

もし、現在チェストの上に神札を安置している方や、神札を直接画鋲で貼り付けているのであれば、簡易神棚で祀ると神様もきっと喜ぶと思う。

簡易神棚を選ぶ際の注意点

簡易神棚と言ってもちょっと色々種類があって、選ぶ際のポイントを述べてみる。

まず私が思うに簡易神棚は2種類に分けられると思う。
密閉型と非密閉型だ。

さらに横置きタイプと縦置きタイプの2種類に分けられる。

「三社造り」タイプ

横置きタイプとは正式名称を「三社造り」と言って、お札が三つ横に並ぶタイプ。

ちなみにお札と呼んでいるが、神社本庁のHPでは「お神札」とかいて「おふだ」と読むようだ。
中央に、神宮大麻、右に氏神神社のお神札、左に崇敬する神社のお神札をおまつりする。

明治神宮-神札-お祀り方法

「一社造り」タイプ

一方、縦置きは、正式には「一社造り」と言って、一番前が神宮大麻、2番目に氏神神社のお神札、3番目に崇敬する神社のお神札をおまつりするタイプになる。

お神札のまつり方 | 神社本庁
お神札ふだのまつり方日本では古くから、お正月にお迎えする歳神さまをはじめ、台所には竈神さま、井戸には井戸神さまなど、さまざまな神さまをおまつりし、日々の暮らしをささえて下さる神々の恵みに感謝してきまし…

現在私が使用しているのはこの「一社造り」のタイプになる。大中小とサイズがあるのだが、小サイズでちょうど崇敬する明治神宮のお神札がおさった。

簡易神棚-ヒノキ-一社造りアクリル

神棚密閉タイプと被密閉タイプ

密閉型はお神札にとって天井があるタイプ。
選ぶ時の注意点はお神札のサイズで、以前小さめの天井のあるタイプの簡易神棚を使っていたのだが、授かったお神札が大きくてサイズが合わなくなったことがあったのであらかじめサイズを測っておくとよい。私が思うに「一社造り」のものが多い印象がある。
アクリルでお神札が汚れないように配慮がなされているものがある。私は現在このタイプのものを使用している。

一方非密閉型は、高さの心配はない。「三社造り」のものが多いと思う。
以前住んでいたマンションではこちらのタイプを使用していた。高さの心配がないのが安心できる。

お神札に巻かれた「薄紙」は剥がしてもよい

せっかくなのでお神札のトリビアを共有すると、
お神札を授かって、安置する際に気になるのが、お神札に巻かれた「薄紙」をどうするかだと思う。「薄紙」とはお神札を包んでいる、オブラート的なその名の通りのあの「薄い紙」だ。
結論から言うと、外しても外さないでもどっちでも良いとのこと。
元々お神札が汚れないように包んでいるものだからだ。

このことを知ってから私はお神札に巻かれた、薄紙は外している。完全に好みの問題だと思う。
確かに「薄紙」には透かしで印がなされていたりして外すのが勿体無いと感じるものもある。
私の崇敬する明治神宮も薄い印が薄紙に押印されている。

お神札の薄紙-神社の印-明治神宮

是非とも「日本製」の神棚を選んで欲しい

せっかく授かったお神札なので置き場所にも是非ともこだわっておきたいもの。2礼2拍手で毎朝頭を下げて日々に感謝して清々しいスタートをしたいものだ。


さまざまなデザインや崇敬神社オリジナルのものあったりするので、もし神棚がない場合は手に入れておきたいアイテムだ。


私は神様といえば「日本でしょ!」ってことで簡易神棚は「日本製」にこだわっている。

ちなみにマンションなど上層階がある場合は天井に「雲」と書いたものを貼ると良いとのことだったので、紙に書いて貼っておいた。その後木製の「雲シール」を見つけたので使用していた。

お神札を丁重におまつりすることを考えると、自然と自分の部屋・家自体も綺麗に清々しくしないと思い、行動するようになって良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました