ナゾトレの東大生で話題沸騰のカードゲーム「ナインタイル」のメーカ「オインクゲームズ」のその他商品

PR

先日ご紹介したナゾトレの東大生松丸くんのカードゲームの反響がすごいです。

おさらいをすると、

ナゾトレの東大生の松丸くんが息抜きでやっているのが

「ナインタイル」ということを先日ご紹介しました。

せっかくですので本件さらに追跡調査を行いました。

ナゾトレで東大生松丸くんの日常紹介で話題の「ナインタイル」のメーカーは?

ネットで調べると2015年の秋から販売されているようです。

メーカーは「オインクゲームズ」です。

Amazonのレビューでは

「このメーカーさんのゲームは箱がコンパクトなので、持ち運びに便利なんですよね。」

と好評のようです。

「オインクゲームズ」の他のカードゲームも箱がシンプルかつ綺麗に整っていて、なんか

おしゃれです。

せっかくですので、話題沸騰で現在品切れ続出の「ナインタイル」の他に

どんなゲームがあるか調べてみました!

とは言っても、いっぱいあったので、その中でも面白そうなのを挙げます。

オインクゲームズの「ライツ」

様々な模様のカードを取り合い、押し付けながら遊ぶ「ライツ」。
ルールはとても単純ですが、非常に頭を使うゲームです。

ルールは、

3〜5人用ゲームで、各プレイヤーには10点分のコインと手札を3枚配ります。
カードの絵柄は6種類あり、5から10の数字が記されています。自分の手番では手札から1枚選び、自分の前に出すか、隣のプレイヤーに回すかという選択ができます。

「受け取るか」「渡すか」の駆け引きがあるのですね!

隣に回した場合、隣のプレイヤーはカードを受け取りたくなければコインを払い、隣のプレイヤーにカードを回します。
受け取る場合はコインは払わずに、カードと今までに払われたコインを全て受け取ります。

たらい回しにするにはコインが必要、受け取ればコインがもらえるってわけですね。
でもコインがなければ受け取らざるを得ない場面が出そうですね。

それを山札がなくなるか、プレイ人数によって決められた枚数がプレイヤーの前に出されるまで繰り返します。

ゲーム終了時、各絵柄を一番多く持っている人に対して、
同じ絵柄を持っているが、最多でなかったプレイヤーはコインを支払わなければなりません。

6種類それぞれ同じように精算し、一番多くコインを持っているプレイヤーの勝利です。

この手のカードゲームはやっぱ、文字にすると難しいですが、
一度やってみると「なるほど理解!」となりそうですね。

最終的にコインをいっぱい持っていれば勝ちなので、
戦略が必要でしょうね。

Amazonのレビューでも

「同じ種類のカードを集めておくとチップを貰える確率が上がるが、負けた時の損害も大きくなる。」

と言っている人がいました。

なかなか面白そうなゲームです。

でも「ナインタイル」のように一人で遊ぶは不可能かなと感じました。

ナゾトレの松丸くんが一人で遊べる「ナインタイル」を選んだのも、うなずけます。

オインクゲームズの「小早川」

お次は、名前が「小早川」というカードゲームです。

名前だけで興味を惹かれましたw

たった15枚のカードを使って、

シンプルでヒリヒリする大人の勝負が楽しめるカードゲームです

3~6人用のゲームで、手持ちのカードは1枚だけ。
場に出たカードの情報を見て、
勝負するか、しないかを決めるだけという
非常にシンプルなゲームです。

勝負する場合はコインを賭け、カードをオープンします。
数字が最も大きい人が勝ちとなり、コインを総取りできます。

でもこれでは「運」だけのゲームです。
頭を使う要素が「小早川」ですw

「小早川」は場の中央に置かれ、
「最も小さい数字に加算されるカード」

つまり、単純に15を引けば勝ちとはならないのです
「小早川」恐るべしです。

それぞれのプレイヤーが自分のターンにできることは

1)1枚引いて好きな方を1枚捨てる
2)小早川をめくる

1周回ったところで、そのカードで勝負するかどうかを順番に決めていきます。
勝負する場合は1枚コインをベット(賭ける)します。
最終的にベットした人だけ勝負し、勝った人が全員の賭け金と+1枚のコインをもらえます。

この際に「小早川さん」が効いてきます。

ベットした人の中で、一番数字が小さい人は、小早川の点数を足して計算されます。

プレイの様子の動画を見つけたので、

「いまいち文字じゃルールわからんって!」と私と同じ方はどうぞw

ちなみに歴史好きならお気づきの通り、

「小早川」は小早川秀秋(こばやかわひであき)をモチーフにしています。

関ヶ原の戦いでどっちつかずの態度をとり、最終的に西軍を裏切った方ですね。

でもこれも、1人では遊べないですよね…

みんなでワイワイするならいいかもですが。

一人で息抜きにはやっぱり「ナインタイル」!

ナゾトレの松丸くんの習慣で取り上げた「ナインタイル」の基本ルールは、

裏表には6種類の模様のいずれかが描いてある、9枚のタイルを
自由に動かしたりひっくり返したりして、
お題どおりに並べるだけ

です。

シンプルです。

複数人でも楽しめますが、

一人でも楽しめます。

カードゲームメーカーの「オインクゲームズ」のゲームを調査する中で、

「ナインタイル」みたいに、一人で遊べるものはないか?という観点で調べましたが、

「なかったです」

息抜きとしては一人でやるというのであれば

やっぱ、「ナインタイル」ですかね…

シェアする

フォローする