iTunesの曲をCDに焼く方法。プレイリスト作成必須!当然だがApple Musicは複製不可

PR

iTunesのアイコンからCDディスクから音符になった頃からであろうか、
CDを自宅で約必要がなくなっていたので、すっかり忘れていた。

時代はCDをはじめディスクに依存しない「脱ディスク」が定着した感がある。
マスメディア風に言えば「加速する若者のディスク離れ」だろうか。

冗談はさておき、必要に迫られ、iTunesからCDを焼く必要があった際に、
少々コツがあったので紹介しようと思う。

プレイリストを作るべし!iTunesからCDに焼く

iTunesから曲をCDに焼く際のポイントは、「プレイリストを作るべし!」である。
手順を解説していく。

1)iTunesでプレイリストを作成

まずは、iTunesでCDに焼きたい楽曲のプレイリストを作成する。
対象のアルバムの「…」を右クリックして「新規プレイリスト作成」をクリック。

iTunesをCDに焼く方法

そうすると、プレイリストが作成される。
iTunesをCDに焼く方法

2)iTunesの「プレイリストからディスクを作成」をクリック

次にiTunesの「プレイリストからディスクを作成」をクリック。

3)ディスク書き込みを開始

ディスク書き込み開始。

iTunesをCDに焼く方法

目的に応じて「オーディオ」「MP3」「データ」を選択。
iTunesをCDに焼く方法

今回はカーステレオで聞きたかったので「オーディオ」を選択した。

以上がiTunesの曲をCDに焼く手順である。

iTunesからApple MUSICの曲はCDには焼けないw

物は試しと、月定額契約で聞き放題のApple MUSIC。
CDに焼く事ができるか実験してみた。

結果は御察しの通りである。NGである。
おそらくApple MUSICのコピー保護機能が有効だからであろう。
そもそも「プレイリストからディスクを作成」が表示されなかった。
iTunesをCDに焼く方法

これは当然の措置であろう。仮に月額聴き放題、
膨大なライブラリーを有するApple MUSICの曲をCDに焼けてしまったらどうであろうか。
一定期間有料契約をしCDに焼き尽くし解約する人はまだしも、
著作権保護の意識の低い国などではコピーCDの温床ともなりかねない。

カーステレオで音楽を楽しむときも、スマホかUSBといった、
脱ディスク化が浸透しているが、CDでないと困る場面など皆無とも言えない。
本記事がいざという時に役に立てば幸いである。