iTunesの曲をCDに焼く方法。プレイリスト作成必須!当然だがApple Musicは複製不可

CDディスクイメージ ズバリこれ

iTunesのアイコンからCDディスクから音符になった頃からであろうか、自宅でCDを焼く必要が無くなったので、すっかり忘れていた。すでにスマホで常にネットに繋がっている時代を生きる我々は、CDを筆頭にディスクに依存しない「脱ディスク」の生活が定着した感がある。最近のノートパソコンはディスクドライブもない。

そうは言っても古い車のオーディオなど、CDで音楽を聴きたいニーズは皆無ではない。iTunesからCDを焼く必要があった際の方法を説明する。正直、少々コツがあった。

iTunesの曲をCDに焼く方法手順

iTunesから曲をCDに焼く際のポイントは、「プレイリストを作る」。手順を解説していく。

1)iTunesでプレイリストを作成

まずは、iTunesでCDに焼きたい楽曲のプレイリストを作成する。
対象のアルバムの「…」を右クリックして「新規プレイリスト作成」をクリック。

iTunesをCDに焼く方法

そうすると、プレイリストが作成される。

iTunesをCDに焼く方法

2)iTunesの「プレイリストからディスクを作成」をクリック

次にiTunesの、「プレイリストからディスクを作成」をクリック。

3)ディスク書き込みを開始

ディスク書き込み開始。

iTunesをCDに焼く方法

目的に応じて「オーディオ」「MP3」「データ」を選択。

iTunesをCDに焼く方法

今回はカーステレオで聞きたかったので「オーディオ」を選択した。

以上がiTunesの曲をCDに焼く手順である。

iTunesからApple MUSICの曲はCDには焼けないw

物は試しと、月定額契約で聞き放題のApple MUSICの楽曲をCDに焼く事ができるか実験してみた。結果は御察しの通りNGだった。おそらくApple MUSICのコピー保護機能が有効だからであろう。そもそも「プレイリストからディスクを作成」が表示されなかった。

iTunesをCDに焼く方法

これは当然の措置であろうと考える。なぜなら、仮に月額聴き放題で膨大なライブラリーを有するApple MUSICの曲をCDに焼けてしまったら、一定期間有料契約をしてCDに焼き尽くした後にサブスクを解約する人も出てくるだろう。個人で楽しむだけならまだ可愛いものの、著作権保護の意識の低い国などでは、そのCDを道端で売り出す輩も出てくることだろう。コピーCDの温床になりかねない。

カーステレオで音楽を楽しむときも、スマホかUSBといった、脱ディスク化が浸透しているが、CDでないと困る場面など皆無とも言えない。本記事がいざという時に役に立てば幸いである。

2021年追記:朗報!iTunesからCDに焼く機能は健在!

本投稿のアクセス数から多くの人に関心を持ってもらっているようだ。2017年の記事投稿から4年経ってもCDに焼くニーズは、令和の現在でも健在のようだ。

上記解説した手順でのCD作成が現在でも可能か確認してみた。朗報である。同じ手順でCDに焼く機能は健在だった。

音楽を聴くなら月額サブスクサービスがおすすめ

ドライブや外出中に音楽手段はもっぱらスマホになった。スマホだとデータ量が心配だが、よく聴く音楽というのは大体限られているもの。自宅のWiFi環境であらかじめスマホにお気に入りの音楽をダウンロードしておけばスマホのデータ(パケット)量を消費することはない

Amazon Music Unlimited

音楽の有名どころではAmazon Music。Amazonプライム会員であれば200万曲聴き放題。便利なサービスだが、最新の曲や人気アーティストの曲はAmazon Musicの上位のサブスクのAmazon Music Unlimitedでないと聴けないこともある。Amazon Music Unlimitedでは7,500万曲聴き放題になる。

Apple Music

AppleユーザーであればApple Musicがおすすめ。私も長年サブスクしている。最近では音質にも拘った「ロスレス」配信も行っている。最近のお気に入りはSEGAでソニックをプレイした世代には懐かしい、ドリカムの「次のせ〜ので – ON THE GREEN HILL」。2つのバージョンがあって、伊藤園「お〜いお茶」タイアップソング版は荘厳な雰囲気があって良いのだが、それよりもSONIC THE HEDGEHOG版の方がアップテンポでお気に入り。Apple Musicのサブスク会員であればサブスク内で聞くことができる。

コメント

  1. […] iTunesのアイコンからCDディスクから音符になった頃からであろうか、 CDを自宅で約必要がなくなっていたので、すっかり忘れていた。 時代はCDをはじめディスクに依存しない「脱ディスク」が定着した感がある。 マスメディ […] 引用元サイト […]

タイトルとURLをコピーしました