意外と地味で普通。高年収?年収1,200万円会社員のリアル。

タワーマンションイメージ コラム

世間的には高収入と言われている年収1000万円越えの生活はどんなものなのかの一例を、私の周囲の同じくらいの年収であったろう同僚の例も交え紹介する。

高年収?年収1,200万円の会社員のスペック

スペックは37歳元外資系会社員マネージャ独身。東京23区内在住である。「元」とついているのは現在は退職して無職であるからだ、理由は管理職という心労がたたったのか、身体を壊してしまったからだ。今は会社員を卒業し、のびのびと自分のペースで自分のビジネスを持って働いている。会社員時代も仕事は楽しかったが、今はもっと楽しい。

30代後半独身。東京23区1K暮し

住んでいるのは築50年の賃貸マンション家賃は7万の1K。築年数が高いが室内は最近リフォームされていてすごく綺麗。

流石に築年数の高さが消えきれないのがほぼ正方形のちっちゃなお風呂や、部屋に備わっている謎のガスの暖房の元栓のフォントがノスタルジックなことくらいだ。周辺の家賃相場と比較しても1〜1.5万は低いので満足している。

高年収独身男性の月の食費金額

食費は月4〜6万の幅なのでちょっと食べ過ぎかもしれない。体重もちょっと増えたので筋トレしてる。ちなみに自炊派である。小さな会社なので会社の社員食堂などないので昼食は外食で大体1,000円ほどかかるので月の食費大体2万分は昼食だ。

オフィスは渋谷。渋谷に勤務したての頃は勝手なイメージで昼食の値段は高く、最低でも1,000円くらいからが相場だと思っていたが、渋谷は学生街ともあって780円とかで食べられるので意外だった。よって普段昼食の値段は1,000円以内で抑えられていた。

私の隣の局長なんかはよく机でカップラーメンをすすっていた。しかも箱買いしてたので妙なノルマがあったはずだ。賞味期限が近づいた頃は同じ島の社員に「これ美味しいよ」と配ってた。私も2、3個もらった。また「知ってましたか!あそこのピザ屋ランチ500円でしたよ!」など女子社員は嬉しそうに教えてくれて、たまに私も一緒に行った。立ち食いなのがちょっと行儀が悪いと思った。

こんな感じで私の周りも大体同じような、もしくはそれ以上の稼ぎなのだろうが、意外と生活は普通。というか質素である。ランチの金額は安く、同僚たちと仲良く近所の昼食や夜の居酒屋など外食開拓が祟ったのか、みんな仲良く体重が増え「これはやばい!」ということになって、健康を気にし出して各々弁当を持参し出したのは笑い話。当たり前だが、外食でボリューミーなものは避けた方が良い。

都内在住高年収独身男性。車は持ってない。欲しいとも思わない

車は持っていない。なぜなら都内では必要ないからだ。電車に乗ればいいし。都内は駐車場だけでも3〜4万かかりさらにガソリン代や保険、車のローンなど車の維持費を考えるとまだ必要と思った時にタクシーに乗った方が安く上がる。とは言えタクシーは飲みすぎて終電逃した時に年に1、2回使うか否かと言った頻度だが。

都内在住高年収独身男性の趣味

趣味は読書、映画鑑賞、音楽なのだが今ではネットの月額定額1000円ほどで、Kindle、Netflix、Hulu、Apple Musicなど利用できるので趣味の視聴、鑑賞にかかる費用も微々たるものだ。

ではさぞかし預金が貯まるというと、その通りである。銀行に預金しても金利はほぼ0なので積み立て投資で株や投資信託、ETF、金など購入していた。iDeCoやNISAなどを利用して税制の優遇措置を大いに活用した。コロナショックで株価が後値下がりした時に値下がった時に初めて米国株を購入した。年末にはなかなかの利回りで利益確定できた。同僚と飲みにいくと「資産運用どうしてる?」という話題も出る人もいるが、全く何もしてない人もいて人それぞれだなと思った。高級マンション2戸持ちして1戸は賃貸運用しているという人が友人の友人にはいて「すごいな」と思った。やり手である。周囲も普段は本当に質素にしているが、実はアメリカに一軒持っていて賃貸にしているなど。別のところで良い感じに資産運用?(もしくは帰国せざるを得なく、結果そうなった)人もいてバライティーに富んでいる。

年収1200万でもマッチングアプリでモテるわけではない。

年収が1000万を超えたから婚活のマッチングアプリでもモテモテかなと思ったが、全然だった。閑古鳥だった。激務で疲れ切っていたこと雰囲気が出てしまっていたのかどうかはわからないが、数回食事しただけで、お付き合いに至るまでは発展しなかった。厳しい世の中だ。ちなみに年収1,000万円を超える場合大体のマッチングアプリ運営会社は「年収証明」を求められる。源泉徴収票など年収のわかるものを提出すると年収証明欄にチェックがついて嘘を言っていないお墨付きマークを運営会社からもらえる。

スキル取得の投資は惜しまない

収入が増えてよかったなと思ったことは、スキル習得のための自己投資額を増やせたことだ。Udemyなどオンライン講座でマネージメントの方法1 on 1のやり方など学んだ。株やなどに投資して資産を増やすことができるが、収入を増やすのに一番効く投資は自己投資して自分のスキルを上げることかもしれない。また、久しぶりに会う昔からの友人との食事などの交際費など以前と比べちょっとランクを上げて楽しい時間を過ごせるようになったのはよかった。

タワマン暮らしなど派手な生活をする人もいる(生活様式は個人差あり)

もちろん人それぞれなので派手な生活をしている人もいる。同僚や知人も家賃が大卒の初任給くらいのタワマンに暮らしてたりしていた。

私の場合は断捨離に感化されたこともあり。収入が上がるにつれ家の中のものは少なくなった。不思議なものである。20代の日々の生活に苦しんでいた頃の方が持ち物は多かった。最近は本当に必要なものを厳選するようになった。

まとめ:意外と質素で拍子抜け(個人差あり)

意外と質素で拍子抜けかもしれないが、年収1,200万円会社員のリアルなんてこんな感じだ。もちろん個人差はあると思う。確かの大抵のものは買えるくらいにはなったのだが、「そもそも必要か?」とかだいぶ厳選するようになってきたので大抵のものは「不要」と判断してた。そういえば私の周囲に高級ブランドに身を包んだ派手な格好の人はいなかった。スーツも着る必要なかったし、自己顕示する必要もないからだと思う。高い時計をしている人もいなかった。その代わりApple Watchなどのスマートウォッチ率は高かった。

婚活でパートナーを探している方は、意外と地味な人が高年収だったりするのでご参考に。ただ、倹約家や仕事熱心だったりして考え方が違いすぎて話が合うかは別問題。

タイトルとURLをコピーしました