KDPペーパーバック PDFがエラーになる!問題箇所の見つけ方と対処法

KDPのPDFアップロード。本文の処理中にエラーが発生しました コラム

紙での自主書籍出版。AmazonのKDP(Kindle Direct Publishing)ペーパーバックが日本にも上陸したので、早速、過去の書籍のペーパーバック出版対応を行なってみた。

別投稿で、KDPペーパーバックに必要なものは、「表紙」と「原稿」2つのPDFのみである旨を記した。

「表紙」と「原稿」のPDFの作成完了!あとはAmazonのKDPの画面でファイルをアップロードするだけ!これで私も、全世界で紙の書籍出版デビューだ!と思うが、

実はここからが戦いの始まりだったりする。

Amazonの(おそらくAI)のPDFの書式チェックがなかなかの曲者。エラーで弾かれて、何度もPDFの修正対応に追われる。

というわけで今回は、KDPペーパーバックでPDFを提出するも、エラーになる場合の問題箇所の見つけ方(のアイディア)と対処法について記す。

Amazon KDFのエラー画面はざっくり。問題箇所を見つける方法。

まず、エラーには2種類ある。「印刷プレビュー」と「印刷プレビューに辿り着く前」のエラーだ。

KDP「印刷プレビュー」でのエラー対応

印刷プレビューで、何か問題が発生している場合、楽勝だ。

Amazonから、具体的にエラー箇所を指摘されるので、問題箇所が明確で対処も楽。親切だ。

KDP印刷プレビューエラー箇所指摘

上記の場合、枠が余白のマージンを突き抜けてしまっているので、エラーになっている。

適応障害で壊れるまで: 元外資系社員の告白 | メンタルHIRO | Kindle本 | Kindleストア | Amazon
AmazonでメンタルHIROの適応障害で壊れるまで: 元外資系社員の告白。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

「印刷プレビューに辿り着く前」のエラー対応

曲者なのが、もう一方の「印刷プレビュー」以前のエラーである。

原稿のPDFをアップロードし、何某かのエラーになると、「本文の処理中にエラーが発生しました」とだけ表示される。

kindle出版_本文中の処理中にエラーが発生しました

このメッセージだけだと、一体PDFのどこが原因でエラーなのか、ざっくり過ぎて…

分からないだろうがっ!(゚Д゚)クワッ

KDPのPDFアップロード。本文の処理中にエラーが発生しました

海外でも「同志」がいるようだ。

「もぅ!ずっとエラーばっかり!指摘も無いから、どこだか分からないわ!あたしの写真が多いからかしら?」的なことを言っている。

この場合、PDFをアップロードした後にステップ毎に、ポップアップで「〜のチェック中」と表示されるのだが、どのステップでPDFがエラーで弾かれているかを把握すると、問題箇所の特定がしやすい。

Amazonの自動PDFチェックプロセスは、結構時間がかかるのだが、指を組んで祈りながら、進行するステップを見守っていくことになる。

KDPペーパーバックPDFチェックステップごとの対応

「判型チェック」でエラーの場合

「判型をチェックしています」でエラーになった場合。PDFの出力サイズを調べる必要がある。初めはこれにハマった。

KDFの判型の選択で112 x 174mmを選択したのだが、選択後に112×173.9mmになっていた。Amazonは米国企業、インチの世界なのでソフトウェアの作りの問題なのか、0.1mmの誤差が発生していて、これが原因で、判型のエラーになっていた。

Amazon側に寄り添って、112×173.9mmで設定をし直しPDFを出力して再チャレンジしたらエラーが出なくなった。

ちなみに、MacのPagesを使用しているのであれば、ファイルの「ファイル」→「ページ設定」で設定が可能だ。

Mac Pages用紙サイズ設定

「余白の確認」でエラーの場合

KDPペーパーバックには、余白の仕様要件として最低値が設けられている。余白が適切に設定された状態でPDFが作成されたか要チェックだ。

特に見開きの内側マージンは、ページ数によって変化する。

例えば、80ページの書籍の場合、最低でも9.6mmのマージンが必要だ。「最低」なので、12.7mmでも問題ない。

KDP Paperback余白の仕様
引用KDPより:判型、裁ち落とし、マージンの設定

「ページの設定」でエラーの場合

ちょっと記憶が曖昧だが、ページ番号を用いている場合は、ページ番号の不備などで発生していたような気がする。

あと、文字のサイズのエラーもこのステップだったと思う。文字のサイズは、最低7ポイントなので、それ以下の文字を原稿のどこか(ページ番号とかコピーライト表記etc…)で使っていると、エラーになると思う。

「空白ページの確認」でエラーの場合

文字通り、空白ページに何某かの問題があるので、空白ページに”ヤマ”をかけて調査すると良い。

Amazonのルールだと下記のようになっているので、連続する白紙ページがないかPDFをチェックするとよい。

白紙のページ

原稿ファイルの最初および途中に 3 ページ以上の連続する白紙を入れてはなりません。また、原稿ファイルの最後に 11 ページ以上の連続する白紙を入れてはなりません。

引用:ペーパーバックとハードカバーの書式設定の問題の修正

「ISBNのバーコード生成」ステップ

表紙に自動的に付加されるバーコード。こちらで対応するものではないので、エラーが発生したことはなかった。

「印刷用PDFを準備しています」ステップ

ここまで来れば、登山で言えば七合目ぐらいだと思う。結構時間がかかるステップなので気長に待つ。

「しばらく時間がかかる場合があります」とアナウンスされる。

「コーヒーでも飲んだらどうだ?」と諭される。

最後の難関「印刷プレビューを生成しています」

ここまで来れば9合目。ほぼチェックは最終段階だが、「印刷プレビューを生成しています」でエラーが発生することはある。

処理時間が長い=エラーになる確率が高い

「フォント」「判型」「空白」「ページ設定」その他諸々はOKでも、エラーになることがある。

傾向としては、「印刷プレビューを生成しています」のポップアップが出たまま、時間がかかりすぎている場合、何某かのエラーになる確率が高かった。

図形関連でエラーになる確率が高かった。不透明はNGなのかも

原因は私の場合、図形関連が多かった。塗りつぶしなしの図形用いるとこのステップでよくエラーになった。

本文の周りに角丸四角の縁取りをしたくて、塗りつぶしなしの図形を被せた。

KDP Paperback文字を図形の枠で囲む

塗りつぶし無しだったのでPDFの見た目はバッチリだったのだが、「印刷プレビューの生成」では、私見だが、プログラム側で、文字の上に図形が被さっていると判断されてエラーになったのでは無いかと思う。

よって、本文+図形(角丸四角)で文字の縁飾りを表現するのでなく、図形(角丸四角)の中に文字を書くようにしたら、エラーがなくなった。

まとめ:エラーの特定は大変!

PDFをKDPにアップロードしたら、チェックの時間が意外と掛かる。

「本文の処理中にエラーが発生しました」のエラーの時も、どこに問題があるのか、Amazon側で指摘してくれる機能があればいいのだが、今のところないので、PDFチェックのポップアップを見守りどのステップでエラーになるのかを確認するしかない。

エラーの起きたステップを記憶して、Amazonの書籍の要件と睨めっこをしながら、原稿の修正、PDFの再アップロードをエラーが起きなくなるまで行っていく必要がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました