KDPペーパーバック出版Mac Pagesで原稿作成をやってみた

パソコン文字入力イメージ やってみた

日本でもKDP(Kindle Direct Publishing)のペーパーバックが開始されたので試してみた。


前回は「表紙」を作成した際のポイントや、こうした方が良いよ、というものを共有してみた。

KDPがツールとして提供しているテンプレート(PDFもしくはPNG)をベースに、Photoshopなどで文字や図を貼り付けていけば、特に問題なくAmazoの最終審査もパスすることを述べた。

今回は、書籍の中身、原稿の作成方法について語ってみようと思う。

KDPペーパーバック作成に必要な道具

KDPペーパーバック作成に必要な道具はMacとPagesのみだった。
KDPに原稿を提出するときはPDFが必須なので、PDFで最終的に出力できれば、どんなアプリでも問題ない。自分にあった好きなツールを使えば良い。

今の文書作成アプリは、印刷時にPDFに書き出しができると思う。MacでもマイクロソフトのWordがあるが、Wordで原稿を作成も問題ないと思う。とにかく文字が書けてPDFにできればなんでも良い。

MacのPagesを使用して原稿を執筆したので、好みの文章作成ツールがある方は、後述するポイントを自分のツールの場合に読み替えて欲しい。

Pagesは体裁を整えるためなので、あらかじめCotEditorやSublime Textなど、純テキストを書くだけに特化した「軽い」ツールで文章だけ一気に2万字〜6万字書いて、最終的にPagesで整えるというやり方もスムーズだと思う。

Pagesで日本語縦書きでのKDP原稿の作り方

Pagesのテンプレートで「私小説」があるので、これを単純に選択するだけでも問題ないと思う。縦書き日本語の場合にも対応している。

Pages「私小説」テンプレート

ただ、体裁を整えるとために、デフォルトの値に若干のアレンジを加えた。

文字のサイズはEPUBのHTMLでいうところ下記のように設定した

本文10ポイント
H126ポイント
H215ポイント
H311ポイント

判型は112 x 174(mm)で、80ページの書籍で上記設定にした。

同じ判型でも200ページ程度になると、本文は10ポイントのままでも、その他のポイントは若干の変更をした方が、バランスが取れたので、不思議なものだなと思った。バランスを考えながら調整すれば良いと思う。

Pagesは「フォーマット」の「テキスト」で、H1〜H3(チャプター)、本文のポイントを一括に変更ができるので便利だ。

Pages「私小説」テンプレートキャプション設定

と、この勢いで説明をしようと思ったのだが、
実はKDPがMac Pagesでの原稿作成を詳しく説明しているので、参考にしてみると良いだろう。

本の作成: ペーパーバック原稿の書式設定 (Mac 用 Pages)

ということで、KDP解説には書いてなさそうなものと、私はこう判断して、こうしたというものを記す。

原稿のマージン設定について

上下外内にマージンがあるのだが、私は内側マージン以外は127(mm)、内側マージンは190(mm)にした。

内側マージンは、本を開いたときの真ん中の余白である

内側マージン少ないKDPペーパーバックサンプル
KDP出版書籍 内側マージン少ない場合 サンプル

内側マージンが少ないと、このように窮屈な印象になる。開いたときに、紙の厚みで影になって読みづらくなる。

内側のマージンを広くすると読みやすい印象になる。

内側マージン適切KDPペーパーバックサンプル
KDP出版書籍 内側マージン適切の場合 サンプル

原稿のフォント設定について。「明朝体」か「ゴシック体」か?

原稿は「明朝体」か「ゴシック体」で悩まれると思うが、小説・エッセイならば「明朝体」が良いと思った。

普段はパソコンで作業をするので、フォントはPCモニターで見やすい、「ゴシック体」に慣れていたので、KDPの原稿も迷わず「ゴシック」で作ってみたのだが、紙に印刷したら「これは違う」と思った。

明朝体に変更したら「これこれ感」が出た。紙とPCモニターでフォントのイメージが変わることを知った。以前よりも少し、「違いの分かる男」になった。

KDPペーパーバック ゴシック体サンプル
KDP Paperback原稿 ゴシック体イメージ
KDPペーパーバック 明朝体サンプル
KDP Paperback原稿 明朝体イメージ

1ページあたりの文章量について

普段は電子書籍派なので、文字の大きさや行数などは読み手が好みに応じて調整できる。よって、1ページあたりの文章量などを意識することがなかった。しかしながら、ペーパーバックで紙に印刷するとなるとそうはいかない。

今まで意識しなかったのだが、1ページの文章量(行数、1行の文字数)で印象が変わる。

KDP出版1ページあたりの文章量少なめサンプル
KDP出版1ページあたりの文章量「少なめ」サンプル
KDP出版1ページあたりの文章量適切サンプル
KDP出版1ページあたりの文章量「適切」サンプル

判型のサイズやどんな読者をターゲットにしているかで、変化していくと思うが、私の場合、1ページ16行、1行あたり40文字で作成してみた。(判型が112 x 174mm)

例えば、読み手のターゲットが年配の方であれば少々文字を大きめにするなどの配慮が必要だと思った。1ページあたりの文字量はどうしたら良いかはなかなか奥深い。

図形の差し込み

Pagesでは図形の差し込みも可能で、図形の差し込まれたPDFも適切にマージン内に収まっていればAmazon KDPの審査でもリジェクトされることはない。パスする。文字の周りを縁取りしたい場合、四角の図形を貼り付けて、図形の中に文字を書くと良い。

ちなみに、文字を普通に「本文」で書き、その上に角丸四角の塗りつぶしなしの図形を配置すると、体裁的には問題ないのだが、KDPにPDFを提出した際の「印刷イメージの作成」でエラーが頻発した。Amazon側の「印刷イメージの作成」がどういう仕様になっているかわからないが、塗りつぶしなしのイメージを含むPDFはエラーになる印象があったので、もし同じトラブルを抱えている人は参考にしてみてほしい。

文字数とページ数について

色々体裁を整えたら17,000文字くらいで、ページ数が80くらいになった。80ページの本は薄いイメージがあって、小冊子って感じがある。

KDP背表紙タイトルNG例。幅が少なく治らない


64,000文字くらいで200ページ越えのものになって、文庫本感が出てくる。

まとめ:読者が書籍を手にして、違和感なく「自然」と感じるな体裁を心がける

1ページの文字数(行数、1行の文字数)など今まで意識をしないことを知れたことはよかった。
ここ数年で電子書籍に慣れていて、少々リアルな紙の本を馬鹿にしていたのだが、奥深いことを知った。紙の本は文化だと、自分で作ってみて認識が変わった。

文字を書くことと、Pagesで体裁を整えるのは別物だが、マージン、文字のポイントで印象が変わるので、KDPの下刷りを頼む前に、何度も自宅のプリンターで数ページ印刷して、綴じてみて、出来上がりの印象をチェックしてみると良い。

自分の書籍を読者が手にして、違和感なく、「自然」と感じるな体裁を心がけると良い。

次回はPagesで作成した原稿のPDFをAmazon KDPにアップロードしてもエラーで躓く場合の対処法を語ってみようと思う。

Amazon.co.jp: 趣味は禁煙: そんな私でも成功できたレコーディング禁煙法 (徒然通信) eBook : 渡部瑛博: 本
Amazon.co.jp: 趣味は禁煙: そんな私でも成功できたレコーディング禁煙法 (徒然通信) eBook : 渡部瑛博: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました