国民健康保険支払い簡単に済ます方法。キャッシュレス決済PayPayで納税してみた

キャッシュレス決済アプリ画面イメージ やってみた

個人事業主、フリーランスなど自分でビジネスをしている方はこの時期に届くのが「国民健康保険」税の納税通知書。給与から税金類を天引きされている会社員とは異なって自分で通知された額を期日までに収める必要があるので、納税している感が半端ない。

国民健康保険税の納め方なのだが、8期ごとに分けられて納税通知書が来ているので1期ごとに当然収めることが可能だが、支払いが遅れれば督促が来るし、国民健康保険”料”と言っても、国民の義務の一つである「税金」である。どうせ払うものなので、まとまったお金が手元にあればめんどくさいので一気に収めたいものだ。


そんな時にどんな方法があるか、またどれが一番手続きが簡単かをまとめてみた。

国民健康保険納付方法

各自治体で利用できる納付方法は若干異なるのだが、概ね下記手段で国民健康保険税を収めることができるそれぞれデメリット・メリットを書いていく。

国保を市役所・区役所窓口で納税

まず初めに挙げられるのが市役所・区役所の窓口に直接納付する方法。本庁もさることながら、準ずる総合支所や出張所でも納税が可能。
メリット:本丸に乗り込むので確実に支払うことができる。気持ちの問題だが一括でまとめて納付をした時には「いかにも納税している」感じがして良いものだと感じた。コンビニなど他の支払い方法では税金額が高額の場合、受付できない場合があるのでそういった場合は有効な手段となる。
デメリットは近くに市役所・区役所があれば良いのだが、自宅から距離が離れている場合は電車や車・バスで移動する必要があるので時間を取られてしまう点。

国保をコンビニエンスストアで納税

全国のコンビニ店舗数は56,884軒(2020年11月現在)と言われている。セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの大手3社はさることながらその他コンビニでも保険料の払込が可能。メリットはコンビニの名の通り、全国どこでも支払いができるので便利だ。支払い方法もバーコードのついた納付書をコンビニのレジで提示するだけ。あとは支払い金額を言ってくるのでコンビニで普通に品物を買う時のようにお金を支払って終わりだ。国民健康保険は居住している自治体での加入になるが、引っ越した時などタイミングによっては引越し先に以前住んでいた自治体から納付通知書が送られてくることがある。こういった場合以前の市役所・区役所が遠方だった場合足を運んで納付しに行くのは現実的ではない。コンビニでサクッと払い込むことができる。デメリットとしてはコンビニで支払える額に上限があること。当方の自治体であれば30万以上の納付額はコンビニでは支払えない。

国保をキャッシュレス決済で納税

PayPay、LINE Pay、ゆうちょPay、クレジットカード、au PAY、クレジットカードなどキャッシュレスでの支払いも可能。デメリットとしてはまずアプリをインストールするなど各サービスごとに事前設定が必要になることが少々面倒なこととして挙げられるが、ここ1年のコロナ禍でなるべく人に接触しないことが奨励されてきた。今までの現金手渡し会計の代わりにスマホで決済する手段もなれて来た感さえある。なのでもしかしたら既に先程あげたキャッシュレス決済のサービスを利用している人が多いと考える。なんちゃらPayが乱立している感もあるが、既に自分の使い馴染んだ決済手段が納税手段として対応していれば使わない手はない。
普段ちょっとした買い物の時はあらかじめ現金をチャージして、PayPayを利用している。今まではゆうちょ銀行の窓口やコンビニで国民健康保険税を収めていたが、今回はあまり外に出たくないコロナ禍のご時世なので健康保険料の納付方法としてPayPayを利用してみた。

PayPayインストール(Android端末)
PayPayインストール(iOS端末)

PayPayでの国民健康保険支払い方

まず。PayPayアプリをインストールする必要がある。iOS、Androidでアプリをインストールを行なって、入金口座などの準備が必要になる。

PayPay支払いは2パターンある。バーコード読み込んでもらう&自分がバーコードを読み込む

既にPayPayアプリを使っている人はお馴染みかと思うが、決済する時は2つのパターンがある。1つはバーコード(もしくはQRコード)を読み込んでもらうパターン。もう一つはバーコードをこちら読み込むパターンである。コンビニで金額を支払うときには店員から金額を告げられるので、PayPayのアプリを開いて、Appに表示されているバーコード(もしくはQRコード)を提示、店員さんがPOSのバーコードリーダーでバーコードを読み込めば「PayPay♪」の可愛い音が鳴って支払いが完了する。

納付書のバーコードを読み込んで金額確認し承認するだけ

国保の納税は自分ががバーコードを読み込むパターンだった。手順は簡単で自治体から届いた国民健康保険の納付通知書にバーコードがあるので、PayPayアプリの「スキャン支払い」ボタンをクリックしてバーコードを読み込む。すると納税金額が表示されるので一致しているかを確認して「承認」だったか「支払う」だったかボタンの文言は忘れたが、とにかくOKを出せば「PayPay♪」というジングルが鳴って支払い完了となる。とってもあっけない。

PayPay納税デメリット

PayPayというかキャッシュレスでの納税のデメリットは領収書が発行されない点と(私の自治体の但し書き曰く)納税の通知が市役所に届くまで数日かかるという点にある。

ただ、別に領収書は必要していないので全然問題を私は感じなかった。キャッシュレスの納税実績が役所に届くまでに即時ではなく数日かかるところがいかにもお粗末な日本のITシステムって感じがするが、こちらとしては払うものを払ってしまえばその先のお役所の処理なんてどうでもいいし、何かトラブルがあればPayPayの支払い履歴にはしっかりと支払い実績が残っているので何も心配いらない。税金の類なので後で計算が間違っていて支払い過ぎた場合はちゃんと過誤納付還付で返金されるので恐れることはない。

PayPayではなく納付書の問題なのだが、住民税のように1年分を一括で納付できる通知書が欲しかった。まとめて払う気満々だったのにいちいち全8期の通知書のバーコードを読み込んではOKを押し「PayPay♪」を8回繰り返したのはセンスが無いなと思った。全納分の1回のバーコード読み込みでスマートに「PayPay♪」して1回で納税を済ませたいものだと思った。もしかしたら自治体によって差があって、全納の納付通知の発行を行なっているところもあるかもしれない。

思うに、PayPayも含め銀行も1日の送金限度額が横並びの500,000円に設定されているので、一括納付の明細を出してしまうと国民健康保険の最大が約80万円なので高収入の人は50万を軽く超えてしまう。2日に分けないといけない。だから一括納付の通知書は出していないのだと考える。

とはいえ、それでいても、いち納税者としては、2日にまたがって全然構わないので前期・後期みたいに2分割の明細は欲しいところだ。

PayPay納税メリット

一番のメリットは手続きが楽な点。8回バーコードを読み込むハメになったとはいえ、銀行のアド口に行って、振り込み依頼書に住所氏名、振込金額を書いて印鑑を押して窓口に提出…しかも手書き。なんてことをしないで家の部屋で外に一歩も出ないで納税できるのは素晴らしいと思った。

しかもPayPayはしょっちゅうキャンペーンを行なっているのでポイントが付いた。納税額といえば結構な額になるので、納税してポイントが付与されたのは嬉しかった。

まとめ:キャッシュレス納税で時短!ポイントもゲット

PayPayをはじめキャッシュレス決済を使うと貴重な時間を短縮できる。ゆうちょ銀行などの金融機関の窓口に行く時間。待つ時間「振り込み依頼書」などを手書きする必要もない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました