画像ありH2Aロケット36号機「みちびき4号機」打ち上げ成功

PR

H2Aロケット36号機「みちびき4号機」の打ち上げを見てきました。
とはいっても種子島からではありません。

H2Aロケット36号機打ち上げ画像・動画

昨日のニュースで「明日はH2Aロケットの打ち上げがあります。」といっていたので
早起きしました(というかいつもですが…)

朝の7時に車を走らせ、駐車場へ
車の中でいちゃついているのかわかりませんが、
ジャージ姿のクラウンマジェスタのカップルの横を
望遠のニコンの一眼レフのカメラに「Hawaii」と書かれたキャップ帽を頭に
そそくさと公園に入って南の種子島方面を向きました。

時計は6時58分

間に合った!

打ち上げ予定時刻は午前7時1分とのことでしたので
セーフです。


記事を書いている今気づいたのですが、よくと木に凧が引っかかっていますねw

今か今かとゲートボールを楽しむおばさんの横で待機です。

自衛隊のP3C哨戒機も平常運転で飛んでいます。

するときました!

さすがに音は聞こえません。
スーッと音も立てずに上がっていきます。

「ロケット雲」というのでしょうか、軌跡は雲状になるので肉眼でも確認しやすかったです。

あっという間に空へ昇っていきました。

今日は晴れていれば種子島も見られるとのことですので、
佐多岬からロケットを見た方も多いでしょうね。

H2Aロケット36号機のみちびき4号機ってなに

ロケットが飛び立つ姿を見るといつも興奮します。
ただ、肝心なのは

なぜ?ロケットを打ち上げたか?も押さえておく必要があります。
花火ではありませんので打ち上げ自体が目的ではありません。

ざっくり言えば、ロケットはいわば車の役割で、
何かを運ぶ宇宙空間に運ぶために使います。

今回、H2Aロケット36号の打ち上げで持っていきたかったのは、

みちびき4号機です。

ではこの、みちびき4号機が何者かというと
準天頂衛生システムです。

なにやら難しそうな

はじめまして!ボクたちは準天頂衛星「みちびき」だよ。
お仕事はみんなに正確な位置を知らせること、
そして緊急時・災害時にはみんなに役立つ情報を伝えること。
ボクたちのことを、もっとみんなに知ってもらいたいな。

とのことです。

引用:引用:みちびき打ち上げ特設サイト「みちびきGo」

スポンサーリンク

今のGPSよりも精度向上

GPSは今や私たちの生活になくてはならない存在です
スマホでGoogle Mapなど利用しますものね。

私もスマホのGPSを利用した地図のおかげで
飲み会の会場に行くために渋谷で迷子になることも減りました。

でも、まだまだのようです。

センチメートルレベルの高精度な測位

準天頂衛星「みちびき」はもっと位置情報の精度を上げるべく打ち上げられたそうです。

準天頂衛星「みちびき」が正常稼働すると、常に我々の真上付近にあります。
このことで、山間部や都市部でも、GPSだけでは実現できない、
安定的な位置情報が得られるようになる

引用:[映像] 準天頂衛星システム「みちびき」

とのこと、

それはどのくらいかというと、
「みちびき」から配信される独自の補強信号を利用することで、
センチメートルレベルの高精度な測位が可能とのことです。

センチメートルレベルということは色々なものに使えそうです。

子供が今どこにいるのかおじいちゃんはどこにいるかなど
子どもや高齢者の安心・安全をサポートすることができます。

今流行りのIoT分野でも色々使えそうですね。

さらには建設現場でも測量などに使えたり、
農業分野でも農機の自動走行や隊列走行が可能になりとのことです。

打ち上げは成功とのことなので、
これからの運用が楽しみです!

P.S.

関係者の皆様の”打ち上げ”はやっぱ焼酎でしょうね^^

種子島なら黒糖焼酎かしら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント