天皇皇后両陛下が屋久島・与論島・沖永良部島へご訪問。与論島はかつて日本最南端の歴史が!

PR

天皇皇后両陛下が
屋久島・与論島・沖永良部島へご行幸ですね。

天皇皇后両陛下鹿児島ご行幸地元ニュースでも大歓迎!

天皇皇后両陛下が屋久島・与論島・沖永良部島の3島へご行幸とのことで
早くも地元の鹿児島では夕方のニュースで取り上げられ歓迎ムードです。

天皇皇后両陛下が16日から3日間の日程で屋久島、与論島、沖永良部島を訪問されます。ご訪問まであと3日。各島ではお出迎えや警備の準備などが進められています。

天皇皇后両陛下は16日(木)に屋久島、17日(金)に与論島、18日(土)に沖永良部島をそれぞれ訪問される予定です。
両陛下の鹿児島ご訪問は2003年以来、14年ぶりです。

引用:天皇皇后両陛下 3島ご訪問に向け 歓迎準備など進む

屋久島・与論島・沖永良部島の3島はここ

今一度両陛下がご行幸なさる屋久島・与論島・沖永良部島の3島の
位置を確認しておきましょう。

まずは屋久島です。

ロケットで有名な種子島のお隣に位置します。

続いて与論島です

続いて沖永良部島です

与論島や沖永良部島は
沖縄本島のからの方が近いですね。

でも、3島すべて鹿児島です。

実は鹿児島県は、

人が住んでいる離島数(有人離島数)が28島で全国で第4位という
全国でも有数の離島県です。
ちなみに離島人口は約17万人です。

与論島はかつて日本最南端の南の島でした

与論島は「死ぬまでに行きたい世界の絶景 日本編」でも紹介され、
「癒やしの島」ともいわれます。

白い砂、リーフ(サンゴ礁)に囲まれた温暖な気候の島で、
大潮の干潮時に出現する”砂”だけの島「百合ヶ浜」の透明度と爽快感は抜群です。
沖縄本島の北端からは約22キロしか離れていません。

でも知っていましたか、
与論島はかつて日本最南端でした。
沖縄返還前は若者の人気のリゾート地でした。

アクアブルーの海で
異国情緒すら感じる場所です。

かつて、与論島は
「日本最南端の与論島」というキャッチフレーズで売り出していました。

1970年前後は、離島ブームというものが
あったらしく、与論島にも大勢の若者達が押しかけたようですよ。
ディスコもあったそうです。

リゾート地奄美群島もかつてはアメリカ領!

1972年の沖縄返還は日本人なら誰しも知っているでしょうが、
その前に本土復帰された島々があります。
それが奄美群島です。

奄美群島が日本に返還されたのは1953年12月25日です。

参考:Wikipedia「本土復帰」

これには、
奄美群島民の激しい祖国復帰運動など
涙ぐましい努力があったようです。

屋久島・与論島・沖永良部島の3島へのアクセス方法

流石に屋久島・与論島・沖永良部島の3島へのアクセスは
東京から直行便はないようで、
鹿児島空港で乗り換え必須のようです。

ただ、ちょうど真ん中の
奄美大島にはなんとLCCが成田から直行便があります。

8千円台で行けるので恐るべしです。

この機会に
沖縄とは一味違うリゾートもいいかもですね♪

シェアする

フォローする