丸い氷の作り方。自宅の冷蔵庫で作れる専用容器!ロックの焼酎やウィスキー美味しくなーれ☆

PR

うだるような暑さが続きます。

でもこの暑さがかえって、
風呂上がりの晩酌、
キンキンに冷えたビールを

「プハァー(゚∀゚)」

とするのがとても幸せな季節でもあります。

丸い氷を自宅の冷凍庫で作れる

そんな中
ビールを飲み終えた後にちびりちびりするのが
ウイスキーか焼酎のロックというのが私の定番です。

特に最近は「丸い氷」が作れる道具を

店で見つけてしまったので、

なおのことです。

専用容器で丸い氷の作り方

丸い氷の製氷機に注水

写真でいうと、

専用の製氷機は黒と半透明のカップに分離できます。

これらを合体させて

黒のカップの真ん中に空いている、丸い穴をめがけ、

水を注ぎます。

「ちょろー」と水を注いでいくと

当然最後は、

水が溢れますw

でもただ、余分な水を捨てるのは、

ひっくり返すだけで

注水完了です。

スポンサーリンク

丸い氷専用容器の機能美に感心!

やってみると感心しました。(゚∀゚)

というのも、きっとこれ「表面張力を利用」しているので、

中に、丸く、入った水は出てこないという、

機能美を兼ね備えた作りになっています。

「開発者すげー!」ですね。

丸い氷の製氷機を冷凍庫へ

そのまま冷凍庫に入れ固めます。

普通の氷を作るのと同じ感じです。

丸い氷の製氷機から取り出し方

冷凍庫に入れ水が氷になったら完成です。

特に無理やり力も必要なく

このように取り出せます。

丸い氷専用容器は半球がシリコンでやわやわ

ここでもなるほどなと思ったのが、

写真の黒のカップの方が、
半透明のカップより柔らかい素材でできています。

おそらくシリコン?

半透明の方は普通のプラスティックです。

これがもしや簡単に氷を取り出せる工夫なのではと感じました。

丸い氷を取り出す際は少々常温で放置すべし!

もう1つの方の半透明のカップです。

※冷凍庫から取り出してすぐは流石に力を入れても「丸氷、取れん!」
ということがありますの、その時は少々常温で放置するなど待って、
丸氷の表面を溶かすと「あれよ」とすんなり取り出すことができます。

流水を当てて強制解凍しないでもです。

いや、別に流水を当ててもいいんですけどね…

ただ私のスキル不足で、

流水を当てると球体がいびつになる傾向にあります。

このように丸い氷ができました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする