成功には習慣がカギ!?謎のゾウの神様のガネーシャと平凡サラリーマンの物語「夢をかなえるゾウ」

PR

数年前、確か深夜だったと思いますが、
ドラマやアニメでおぼろげに観たことがあって、

謎の象の神様ガネーシャの強烈なインパクトだけは脳裏に焼き付いていて
新宿の紀伊国屋書店でたまたま原作を見つけたときは

「あ!あの話か!」と書籍を手に取り、
じっくりと読んでみました。

水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」です。

水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」とは?日常の些細なことに成功法則

174万部のベストセラー
水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」の概要です。

「お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで」
ダメダメなサラリーマンの前に突然現れた
関西弁を喋るゾウの姿をした神様「ガネーシャ」

成功するために教えられたことは「靴をみがく」とか
「コンビニで募金する」とか地味なものばかり

夢をなくした“僕”と史上最悪の“師匠”が繰り広げる、
「笑って」「泣けて」「ためになる」実用エンタテインメント小説。

ガネーシャがホント関西弁で話し
うさん臭いんですよw

神様なのにタバコ部屋でスパスパ吸ってますしw

ナポレオン、孔子、ニュートン、
最近ではビル・ゲイツまで、
歴史上のキーパーソンは自分が導いたというのでなおさらですw

成功したいサラリーマンに課題を与えていくガネーシャ

人間味あふれる不思議なゾウの姿の神様「ガネーシャ」が
自分を変えたい、成功したい!と思っている
平凡サラリーマンの主人公に課題を出していきます。

それがまた正直なところ
「え?それって何か役に立つの?」
と言うようなものばかりです。

ただ、読み進めていくと

「納得!」と
ガネーシャの与えた課題に対して共感でき
自分も普段の生活を見直さなきゃなと思いました。

成功に近づくには当たり前のことをする!

当たり前のことをすることが成功に近づくんだなー
そんなことを「夢をかなえるゾウ」を読んでみて思いました。
成功するもしないも紙一重で、

思考が習慣を作るように
金持ち習慣があれば自然とお金持ちに
逆に、貧乏習慣があればおのずと貧乏になる
そんなことを思いました。

「夢をかなえるゾウ」のキーワードは習慣
これだなというのが私の感想です、

お金持ちの習慣、貧乏人の習慣。ものにあふれているのは貧乏人

お金持ちにはお金持ちの習慣、
貧乏人には貧乏人の習慣があると言われています。

具体例としては、
金持ちの家はスッキリ片付いていて、本当に必要な物しか家に置かないので、
ものは少ないのに対し、

貧乏人の家はとっ散らかっていて、
「いつか使うだろう、もったいない!」と使いもしない物で溢れているものです。

実際に、アニメやドラマなど貧乏人家の描写をするときは
もので溢れさせるそうですよ!

部屋…片づけよっと♪