格安放射線測定器キット「ポケットガイガー」被災地石巻製

PR

放射線測定器といえばウン万円もして高価なのが相場です。
興味や好奇心というのが強いのですが
ガイガーカウンターがほしいなと色々探していたら

放射性測定器のキット「ポケットガイガー」を見つけました

マスメディアは当てにならん。どこも報じない原発映像

日本のテレビでは全然報じなかったのですが
当時、東日本大震災の福島原発事故の様子をBBCのネットニュースの動画で観ていたら
めちゃくちゃ爆発して、白い煙が立ち上る映像が何度も流れていました。

YouTubeでもありますけどちゅどーんですよ

「まじか!」と思い

NHKのチャンネルを合わせると

「なにやら白煙のようなものが見えます」

とかのんきな報道

「いやいや。爆風見えたし!きのこ雲出てましたやんw」

ネットのニュースだけ信じるのも危険ですが、
情報収集のソースをテレビだけに頼ってると

マジでやばいと驚愕した瞬間でした。

原発事故で痛感。情報は自らとる!もう電波免許返してしまえ!

「国民が混乱するから」と当時の民主党政権が口止めしたか、
マスメディア自身がそう忖度し
自主規制したかどうかわかりませんが、

情報は自らとる!

これが21世紀の生き方だと実感しました。

ちなみに当時、アメリカ出張中の同僚は
アメリカのテレビで繰り返される
原発爆発映像をみて心配で会社に電話してきたくらいです

「え?原発爆発なんのこと?」そんな素っ頓狂な
あっぱれな状況をつくりだした責任は重いです。

マジ、バラエティばかりでふざけた番組ばかり垂れ流しているくらいなら
電波免許返してしまえ!って思います。

さてテンションもあがってきたところで
「ポケットガイガー」の説明をします

スポンサーリンク

格安放射線測定器ポケットガイガーとは

そもそもポケットガイガーとはなにかというとこれです。


※色は自分でペイントしました。

「ポケットガイガー」はradiation-watchという
非営利のプロジェクトが出している放射線測定装置で、震災を受けた石巻で製造されています。
Made in Ishinomaki, Japanです。

スタイリッシュなコンパクトなボディです。

スマホと連携で放射線を測定

どうやってポケットガイガーで測定するかというと、
イヤフォンケーブルをiPhoneなどスマホにさしてアプリと連携します。

こちらが専用アプリの画面です。

杉並区で測定したら大体0.09マイクロシーベルトで普通でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする