凄腕新人プログラマーだった著者の経歴が漫画級!「ソーシャルもうええねん」村上福之(著)

PR

電車広告で過激なタイトルと表紙に惹かれ読んでみました。

著者の経歴がすごい!

題名の内容よりも、
元大手電器メーカーに務め、独立した筆者の生々しい話の方が印象に残りました。
新人で駆け出しの頃
多数の協力会社の協力を受けても動かなかったプリンターのドライバーを、
いろいろ提案しても却下されてしまっていたので、
ゴールデンウイークに会社に忍び込み、一人で動くようにしたそうです。

できる新人がいると困る現場という滑稽さw

散々コストかけたのに、新人がいとも簡単に動いてしまったものだから、
動いてしまってから社内で騒ぎになったそうです。
似たようなこと別な場所でもありそうです。
若い人には”いろんな意味”で勝てません。

スポンサーリンク

少数精鋭新幹線でバグ取り敏腕プログラマー

また、とある”かつて”の敏腕プログラマーが偉くなっていくストーリーも
すごく生々しかったです。
はじめは5人くらいでやっていたプロジェクトで、
リリース直前にもバグが残っていてヒヤヒヤしていたのが、
他のメンバーから、新幹線車内でバグが取れたとの連絡にマジ男泣き…
で、その後そのプロジェクトは成功し、続編は60人もの人数があてがわれたそうです。

いや、
はじめ5人ってむりでしょw

Nullでもコミットする勇気!

「Nullでもコミットする勇気」だったかな?はその通りだと思います。
役場とか知ったかぶりしないで、担当者にきいたら
結構親切丁寧に教えてくれます。
エラー返してくれるってやつですね。

P.S.
特典音声でジュディマリのギターの人が登場していました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする