民間企業による言論弾圧?人のふんどしで相撲を取るな!Twitter、Facebookのトランプ米大統領アカウント停止について思うこと

PR

米政権の移行が連日ニュースを賑わしている。

2021年の年明け早々の1月6日。暴徒化した一部のトランプ支持者が連邦議会議事堂を占拠し、銃撃で死者まで出した前代未聞の大惨事が起こった。同日夜には沈静化し、中断した上下両院会議は午後8時以降に再開。翌7日、バイデン次期大統領の当選が正式に確定した。

その後Twitterがトランプ氏のアカウントが凍結され、Facebookも同様に凍結した。

トランプ氏といえばTwitter中毒であったのは周知のことであろう。大統領在任期間は「え、それTwitterで呟いちゃう?」みたいなことをつぶやき、全米のみならず全世界がその発言に注目し、文字通り全米が泣いたこともあっただろう。

全世界が140文字のツイートに注目し、時にツイッターの発言が全世界のニュースになっている様子をみて滑稽に思っていた。Twitterは少なからず(いや大いに)トランプ氏にとっては情報発信ツールとして多大なものそれがTwitterであったはずだ。それほどまでのプラットフォームが一夜にして凍結である。

ここで私が思ったのは「人でふんどしで相撲をとる恐ろしさ」である。

結局プラットフォームのオーナーの気分次第で発信力のあるアカウントも一瞬で凍結させられる。最近有名芸能人も新規にチャンネルを開設しYouTuberになっているようだが、YouTube(Google)の裁量次第で有名YouTuberから一気にチャンネル凍結されネットから消えるリスクも紙一重である。

本ブログはサーバーを独自に準備し、プラットフォームは私自身が握っているので人のふんどしの上ではないが、無論このブログもGoogleの検索から消され、実質ネット上から消されるリスクはある。

そう考えるとネットの世界でプラットフォームを握りかつ強力な集客を成し遂げたTwitter、Facebook、Googleなしでいられない世界は「権力者を恐れずに個人が情報を発信できる良い世界」において新たな権力になりつつあるのでは無いかと思う。SEO対策や、凍結を恐れるなど新たな権力に忖度しないといけないからだ、

ただそのような権力も、いち会社であるため、凍結など強硬な態度を連発すればマーケットが黙っていない。株価という形で判断される。対応にしらけされたら株価は下がるし、好感を持たれれば株価は上がる。はたまた「そんなこと無関心」と思われれば株価には影響は無いはずである。

そう考えると世の中はいろんな関連性で動いていると思った。