360度カメラRICOH THETA SC2撮影サンプル。飲食業界・不動産屋・ライブ配信ミュージシャン必見!写真からの情報量が違う!

おすすめ

前々から気になっていた360度の写真が撮影できるカメラ、RICOH THETA SC2を購入したので早速新宿へ試し撮りをしに出かけた。

360度カメラRICOH THETA SC2サンプル画像

360度カメラRICOH THETA SC2は、魚眼レンズがカメラの前後についているので、シャッターを押すと前後上下、一気にその時の瞬間が収められる。さらに静止画のみならずに動画も撮影可能だ。

サンプル画像は下記。指(もしくはマウス)でグリグリ動かしてみて欲しい。横だけでなく上下にもパンができて面白い。

下記は丸の内線のホームの360度カメラ撮影サンプル画像

これは国会議事堂前までサイクリング行った時の様子。

360度カメラRICOH THETA SC2の感想

今回初めて手にした360度カメラRICOH THETA SC2だが、感想はなかなか面白いカメラだと思った。

SNSやLINEで撮った写真の共有が可能(ただし一部)

専用のアプリや、360度写真に対応している一部SNSやメッセージアプリ(LINE、Facebook)などで撮った写真を共有可能。アプリ側対応していれば先程のように、写真をぐりぐり回転させて360度の風景を見せることができる。

RICOH THETAサンプル画像@新宿

360度写真は拡大すると普通の写真

先の写真だとまだ魚眼レンズ味が強くて直線が湾曲しているが、下記図のように拡大すると普通の写真並みの画像になる。少々解像度が甘いが上位モデルであればもう少し精度が高い画像が撮れると思う。(上位モデルとの比較は後述する)

360度カメラ撮影写真のここがデメリット

面白いことは分かったのだが、360度カメラを使ってみて、ここがイマイチだなというところを挙げていきたい。

360度で写真管理するアプリが皆無

今までにない写真が撮れることは分かったのだが、こういった変わり種のカメラは、撮った後に写真をどう使うかが重要だ。

特殊な魚眼レンズの写真なので360度撮影した”素の状態”の写真は使い道がない。先程の丸の内のホームの画像の”素”はこんな写真になる。これではMacのiPhotoのライブラリーに入れてもちっとも面白くない。将来iPhotoが360度写真に対応すれば良いのだが、現時点は対応してないので下記のように何の写真かさっぱりになってしまう。

かといってRICHOの専用アプリで写真を管理するというのも嫌。何故なら普段はiPhotoなど別のアプリで写真の管理を行なっているのでわざわざ360度カメラのために別のアプリで写真の二重管理というのも億劫。デメリット。iPhotoなどが360度で撮影された写真閲覧に対応してくれればストレスが解消されるのだが…

これは時代がついてきてないことに起因している。

360カメラ。シャッターを押す指が映り込むのが嫌

全球なのでシャッターを押している指が映り込むのがちょっと嫌だが、RICHOの専用アプリで編集すれば指の部分をぼかすとか、THETAのアイコンを入れて誤魔化すなどができる。

360度カメラを使用方法。どんなシーンで役立つの?

新しい技術を盛り込んだ360度カメラだが、使い道がなければ意味がない。

不動産屋の内見写真・居酒屋の店内の様子の紹介シーン

現在どんなシーンで360度カメラが用いられているかと言うと、すでに不動産業界では360度カメラが使われている。物件をネット検索すると部屋の写真で360度カメラが使われている。内見前に全体の雰囲気が掴めるのはありがたい。特に2020年からのコロナ禍でなかなか人との接触が憚られる世の中なので、部屋の様子を知るためには、あたかもそも場にいるような気になれる360度カメラの写真の情報量はありがたい。

他の業界で言えば飲食業界も積極的に360度カメラを取り入れている印象がある。例えば居酒屋。Googleのストリートビューではストリートのビューでは飽き足らずに、店内に入れるお店もある。どういうことかというと、360度のカメラで撮った写真を共有していて店内の雰囲気がわかるようにしている。食事の予約をする際に店のチェック用に最適だ。

ブロガーが観光地を紹介するシーン

当サイトでは旅行の紹介も特集をしているが、360度カメラで撮った写真を載せつつ観光地の紹介をするのも面白いと思った。

例えば下記の写真は宮崎県の青島を訪れたときの写真。

宮崎の青島は通称「鬼の洗濯板」と呼ばれる独特な波状岩に囲まれた島。島の中央には「青島神社」があって江戸時代まで全島が禁足地とされていて立ち入りを禁じられていた場所だ。宮崎といえば読売巨人のキャンプ地なので元日は青島神社参拝が恒例になっている。原監督も2021年に参拝し、今回で33年目、33回の参拝だそうだ。

従来の四角に”切り取った”写真では全体の雰囲気、空気感などが伝わり辛かったが、360度の写真では情報量が今までの”切り取った”写真とは明らかに異なる。

ちなみに巨人軍キャンプの1軍の宿泊施設で長年愛用されている場所は青島のANAのホテル

WordPressで360度カメラの写真共有するプラグイン「WP VR」

サイト運営者であればWordPressを使っていると思うが、plug-inを用いれば先のSample写真のように撮った写真を360度で紹介が可能だ。本投稿の360度写真紹介はWordPressの「WP VR」というプラグインを使用している。

個人向けでは旅行・観光地の思い出を残すのに最適

今まで使用シーンはどちらかといえば玄人向けだったが、個人での楽しみ方であれば、お盆や正月などの大型連休に田舎に帰省した際に地元の懐かしい風景や家族で観光地に出かけた際のスナップ写真を撮影などがおすすめ。

WiFiでTHETAとスマホを連携すれば、スマホに写真をダウンロード可能なので、そのままLINEやFacebookで「友達」に写真を共有すれば、普通の写真とは違った空気感を感じることのできる写真を見せることができる。

自分にとっては何の変哲のない風景であったとしても、まだ行ったことのない人にとっては貴重な情報であってみているだけでワクワクするものだ。

RICHO THETA上位機種Z1とSC2の比較

2021年現在RICOHのTHETAの最上位機種はZ1になる。

RICHO THETAの最上位機種とこのSC2との比較表はこちら。

RICOH THETA Z1 51GBRICOH THETA SC2                 
発売日RICOH THETA Z1 51GB:
2021年4月
2019年12月
外形・寸法48mm(幅)
×132.5mm(高さ)
×29.7mm(24mm)(奥行き)
45.2mm(幅)
×130.6mm(高さ)
×22.9mm(17.9mm)(奥行き)
質量約182g約104g
静止画解像度6720×3360JPEG:5376×2688
動画解像度/フレームレート/ビットレート4K:3840×1920/29.97fps/56Mbps
2K:1920×960/29.97fps/16Mbps
4K:3840×1920/29.97fps/54Mbps(High)
,32Mbps(Low)
2K:1920×960/29.97fps/16Mbps(High)
,8Mbps(Low)
ライブストリーミング解像度/フレームレート(USB)
 
4K:3840×1920/29.97fps/120Mbps
2K:1920×960/29.97fps/42Mbps
N/A
マイク4chモノラル
記録媒体/記録可能枚数、時間内蔵メモリー:約51GB
静止画:
RAW+ 約900枚
JPEG 約6350枚
動画(1回の記録時間):
最大5分/25分
動画(合計の記録時間):4K,H.264:約110分
2K,H.264:約360分
内蔵メモリー:約14GB
静止画:約3,000枚
動画(1回の記録時間):最大3分
動画(合計の記録時間):
4K:約32分
2K:約115分
電池寿命静止画:約300枚
動画:約60分
静止画:約260枚
動画:約60分
ISO感度(標準出力感度)静止画・動画:(オート)
ISO80~6400
(上限設定可能)
ISO200~6400

(マニュアルモード)
ISO80~6400

ライブストリーミング:
ISO80~6400
静止画:(オート)
ISO64~1600
(上限設定可能)
ISO優先、マニュアル
ISO64~3200 

動画:(オート)
ISO64~6400
上限設定可能
引用:RICOH HPより

携帯性を考えれば筐体の大きさはSC2はやや小ぶり。Z1はライブストリーミングが可能なのでYouTubeやニコニコでライブ配信している人やミュージシャンなんかにはマイクもしっかりしているので向いているのかなと感じた。ライブ配信を考えていないのであればSC2はコスパが良い印象だ。

まとめ:

オンラインのライブ配信しているインフルエンサーやミュージシャンには上位機種のTHETA Z1になるが、そこまでスペックを必要とせず、主に静止画での写真共有であれば飲食業・不動産・ブロガーや個人利用にはRICOH THETAはSC2がおすすめだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました