MacBook(MB466 J/A) メモリ交換は超簡単!でも優しく♡しないとツメ折れちゃうよ!

PR

VMWare Fusionとか、
Logic Proとかを使用しているので、
最近、私のアグレッシブなPCさばきに
メモリがついてきてないのでは?と感じてきました(笑)

メモリーを交換してみた

ということで、
GWで天気も良かったので、
秋葉原に行ってメモリーをGetしてきました。

Transcend製 DDR3 SO-DIMM 1066MHz(PC3-8500) 2GB

メモリの値段もピンキリですが、
「安物買いのなんとやら…」と言いますので、
一応名の通ったメーカーを選びました。
※4Gにしたいので(2G×2枚で買いました)

Macのメモリ交換は超簡単!

交換方法はMacBookの説明書の通りで、とっても簡単です
MacBookの後ろの蓋を外すと現れる、電子基板に萌えました(笑)
美しいです。

1枚目はスペースが窮屈で、ちょっと手こずりました。
MacBook_DDR3_Memory_1st

2枚目は難なく付けられました。
MacBook_DDR3_Memory_2nd

肝心の認識されているか?ですが、
「このMacについて」で確認したところ、
下記の通り4Gで認識されました。
ThisMac

交換した感想は、
体感出来るほど、はやくなりました。
Mac上のPDFもサクっと開きますし、
VMWare Fusion上のWindows XPもサクサクって感じです。

一概に言えませんが、
速度に不満を感じる場合はメモリ交換を試されてみるのも
いいかもしれませんよ。