Anycubic Photon Mono 光造形3Dプリンターを導入!積層型とは精度が違う。造形してみた感想

photon-mono-3d-printer DIY

以前Printrbotという積層型の3Dプリンターで自作ドローンや山登り用の道具などプリントしたりしてたのですが(GoPro購入!チェストマウントして登山のサンプル動画)、人口の密集した大都会東京ではなかなかドローンを飛ばすこともままならず、3Dプリンターと使って造形する機会もなかったので一回手放したのですが、また購入しちゃいました。今度は光造形タイプです。結論から言うと積層型と比べ精度が良いです。あれから4年くらいは経ったでしょうか世の中は進歩していました。

光造形型3Dプリンターの良いと感じたところ

音が静か

積層型の3Dプリンターで一番気になったのがモーター音でした。XYZ軸3つのモーターが稼働するためなかなか大きな音が出ていました。

どうですか?結構いい音がしていますよね。オフィスのコピー機の音と同じだなと個人的には思っていて、慣れてしまえば別にどうってことはないのですが、気になる人はたまらないくらいの音量だと思います。

それに比べて光造形の場合はこの静かさです。

Z軸の1つしかモータがないのが要因だと考えます。

精度が良い

光造形は1層1層レジンに光を点しながら造形していきます。ZY軸が激しく動く積層型とは違い、ブレが少なくなっています。さらにレジンという液体を使用しているために、フィラメントを加熱して溶かし、一筆書きで造形していく積層タイプと比べ精度が出ます。じっくり見てやっと層があると気づけるくらいの精度です。

省スペース

光造形式は省スペースです。冒頭の写真のようにキュービック型で造形に使用するレジンはキューブの中のトレイに注ぐだけなので全くもって場所を取りません。積層タイプでは造形にフィラメントを使うので3Dプリンター+フィラメント分のスペースがどうしても必要になってきます。

インテリアとしてもイケる

省スペースもさることながら、金属アームに半透明カバーでインテリアとしてもなかなかイケると考えます。

造形スピードがはやい

一筆書きスタイルの積層式は「長さ」が造形スピードにモロに影響されますが、光造形は「高さ」です。よって造形ステージにいくらパーツがあろうとも、無かろうとも高さ(=何層紫外線照射が必要か)でスピードが決まります。

光造形型3Dプリンターのデメリット

造形に使用するのは洗浄も含め全て引火性の液体、アレルゲンなので防備必須

慣れてしまえばそこまでではないのだが、レジンはアレルゲンですので取り扱い注意です。ゴム手袋必須で私は目に入るといけないので防護メガネもして取り扱ってます。

印刷終了後、造形物に残ったレジンを落とすためにIPAを使用するのですが可燃性なので要注意。匂いもあるので要換気です。

液体の匂いが体にいかにも悪そう

造形時は黄色い蓋をしてかつ消臭フィルターを通して排気がされるのでそんなに(というか全く)レジンの匂いは感じないのですが、造形終了後やレジン投入時にいかにも体に悪そうなレジンの匂いがします。匂いの少ないレジンも出ているそうなので色々試してみたいです。先程リンクを貼ったAnycubic本家のレジンはそこまできつい匂いはしなかったです。

まとめ

正直今のところ今年一番の良い買い物になりました。久しぶりにShade 3Dもいじり、STLファイルのデザインの勉強を始めました。自分のデザインを具現化できる喜びは3Dプリンターの醍醐味です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました