バカでも年収1000万円のノリに感心。その場でポチるは真似すべき!

PR

インパクトのあるタイトルに惹かれ読んでみました。

全体としては、
テーマである「おバカ」を強調しているのか、かなりノリがいいです。

個人差あるかと思いますが、
私にとっては
うん、正直鬱陶しいくらいですw

でも、このくらいの勢いが無ければダメよという

著者さんのメッセージも感じます。

ネタバレですが、
最後のマイケルの「This is it」を真似て、

最後のマイケルの「This is ito」をやっていたのが

ツボりましたw

ノリ・テンポのよい、この本ですが、

その中でも、

「これはいい!そりゃ成功するよな!」

ということがありました。

それは、

間髪いれずにスマホでその場で買う

スピードが重要!ということをおっしゃっていて、
例えば、他人から「これいいよー」と何かものを紹介されたら、

間髪いれずにスマホでその場で買う。っていうのは
真似することにしました!

【行動力が大事】ってことですよね。

伊藤さんが言いたいことの「本質」は
おバカな伊藤さん(敬意を持ってこう言っています)は
「いやそうは考えもしなかったよ」というかもしれませんが、
だとしても、自然と成功者のマインドですね。

【すぐ行動する】は。

やって見てから、
結果見て修正し、またトライすればよいですからね。

「これはすぐ真似しよう」は、
あと、もう1つあります。

曜日を決めよう

何か新しいことをしよう!

「◯曜日にはなんでもいいから新しいことをしよう!」

そうゆう曜日を決めて、今までやったことないことを積極的にやる!

著書ではそれは「木曜日」でした。

確か深い理由はなかったはずw

これも私にとって新鮮かつ良いアイディアだと思いました。

もし単調な日常を繰り返しているのであれば、
【新たな刺激】はカンフル剤になりますね。

何よりも、誰よりも経験を積み【成長】できますね。

これはよい習慣・心がけではないでしょうか?

p.s.
おっと今日は木曜日だ

通常盤:

バカでも年収1000万円
伊藤 喜之
ダイヤモンド社
売上げランキング: 43116

図解版もあるのですね。

【図解】バカでも年収1000万円
伊藤喜之
ダイヤモンド社
売上げランキング: 149458

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする