塔ノ岳・丹沢山登山に行ってみた!残雪だったので軽アイゼン必須!

PR

塔ノ岳・丹沢山に登山に行ってきました。

04:30 起床し都内を出発
06:30 塔ノ岳・丹沢山登山アタック開始
17:45 下山

全行程約20kmでした。

正月の塔ノ岳・丹沢山登山は雪にご注意!

まず驚いたのが雪です。
今回は正月早々の塔ノ岳・丹沢山登山でした。

年末から降雪の情報が報じられていたこの近辺、

「関東でこの時期だし、頂上はまだしも、
 平地ではどうせ積もりやしないだろう」と

思っていたのは見事に間違いで、
スタート地点から思った以上に雪が積もっていました。

冬の登山は軽アイゼンが必須!

塔ノ岳・丹沢山頂付近は軽アイゼンが必需品でした。

冬の登山は軽アイゼンが必須!

登山記録としてGPSロガーを導入しました!

さて、今回の登山で初導入したのが
GPS Loggerです。

自分の移動した場所、時間、高さを記録してくれるので
下山後登山のレビューができます。

期待通りで面白いものができました。
塔ノ岳・丹沢山登山GPSログ

GPSで記録した全行程の動画はこちらです。

塔ノ岳・丹沢山登山の醍醐味は「馴染みのある場所を高台から拝める」

登山自体は
「馴染みのある場所を高台から拝める」
というのがこのルートのアピールポイントではないでしょうか?

塔ノ岳山頂付近に差し掛かるちょっと前からずっと
左側の富士山にずっと見守られているような感じになり、
その山頂から南を向くと、
左から逗子、江ノ島、大島、熱海方面を一望できます。

塔ノ岳・丹沢山登山 山小屋から茅ヶ崎方面海

塔ノ岳の山小屋に名物ねこ?

塔ノ岳の山小屋でしばし休憩を取っていると
山小屋の名物ねこでしょうか?かわいい白猫がいました。

塔ノ岳・丹沢山登山残雪山小屋の猫

毛がまんまるしてて、寒そうです。
肉球じかに雪の上は想像するだけで寒そうです…

山ガールもたくさん居ました(*´∀`*)

塔ノ岳登山の山小屋のトイレではペーパー持ち帰るべし!

登山情報としては、このルートは山小屋もたくさんあり
女性でもトイレの心配をあまりしないですみそうです。
チップは100円でした。
ただ、使用済みでもトイレットペーパー等は
持ち帰らないといけないとのことですのでご注意を!

この絶景にずっと見入ってしまいたいところですが
後ろ髪を引かれる思いで
次の丹沢山をめがけて出発

途中雲に虹がかかる「彩雲」という不思議な現象に遭遇しました。

塔ノ岳・丹沢山登山でみた虹彩

そうこうするうちに無事、正午に丹沢山に到着!
”きゃっきゃ”はしゃぎたい高揚感がありました。

アイヤー昼食で痛恨のミス!

今回も山頂でご飯というときに、
「まさか!」のものを持ってきてしまいました…

雪山登山昼食失敗お好み焼き

電気も電子レンジも何もない雪山でお好み焼きはNGです。
ちなみに以前はパスタソースを持参したこともありますw
※補足すると、スーパーで食材を買い物して登山用、自宅用分けるのを焦って出発したのが原因です。

山頂ではエスプレッソを味わったのですが、
これが格別でした!

一行、「もう下界に降りたくない」気満々ですが、
水、食料、本人たちの体力も1日も持たなそうなので、
帰ることにしました。

同じルートをただ戻っているはずなのに
下山はやけに長く感じましたのはきっと登っているときはテンション高かったからでしょう。
人の記憶はあてにならないことを知りました。

少々下山が遅れ気味で、日の入りの16:45位を過ぎてしまいました…
それ以降はあたりも暗くなってきました。
写真はないのですが、気配と物音して木の上を見上げるとムササビとか飛んでいて

正直怖かったですw

予定では日の入り前でも、予想外の展開で日は暮れて
周囲が暗くなる恐れもありますので、

登山では夕方暗くなるのでライト持参も必須です!

怪我もなく無事下山、帰宅できました。
家に帰るまでが登山です。

塔ノ岳・丹沢山登山の光景をGoProで撮ってみました

さて、登山の様子も論より証拠で、
塔ノ岳・丹沢山登山の光景を動画作成しました。
前回のGoPro胸に登山シリーズ第2弾です。


※動画最後の方にハンドプレッソの使い方も実演しています

塔ノ岳・丹沢山登山のまとめ

天気にも恵まれ、
山頂付近では神奈川・東京・千葉が一望できてしまうという絶景を見ることができ、
最高の登山でした。

同じ視界から
横浜、東京は丸の内、新宿、池袋など首都圏を見ることもでき、
そこで私が感じたことは、

”都会”といえども地上から見ると、
大きな平野の一角にポツリとあるだけで
非常に儚い存在に過ぎない

という気付きです

塔ノ岳・丹沢山登山 東京方面

私もその中の住人の一人ですが、
普段その中にいては気付かない、気づくことができない

何かを感じ得た
2015年の幕開けでした!

シェアする

フォローする