地方の商店街のシャッター街活性化対策に東京は参考にならない?その理由を考えてみた

東京都品川区長いアーケード武蔵小山パルム商店街 思ったこと

近所の東京品川区には都内で一番長いアーケード商店街と言われている武蔵小山商店街パルムがある。やけに騒がしいなと外を見たら神輿を担いでいた。

秋の風物詩になっていて一年の流れを感じる。東急目黒線で2駅で目黒まで行けるので秋刀魚祭りも見てきた。生まれは関東でも育ちは南国鹿児島。私の地元の商店街はどこもシャッター街。社会人になって上京したときに東京23区の商店街は活気があることに驚いた。

地方と都内の商店街の異なる点

東京にも奥多摩のような大自然もあるので、ここで東京と言ったら東京23区のことと思っていただきたい。

そもそも都心には大手ショッピングモールが進出できるような土地がない

東京に来て思ったのがイオンなど田舎で見るような大きなショッピングモールがないということだ。それもそのはず、都内では所狭しと住居が密集しているのでそもそもそんな土地がない。ではイオン系はどうしているかというと、小さなストアとして商店街の中や隣接したところに存在している。広い土地がないという制約が功を奏して、大手の参入により旧来の店舗が淘汰されるということはなく。共存ができているようだ。

都内では車を持たない。田舎では車は必需品

土地もさることながら田舎では車は必需品でも都内では持っていない。地下鉄・鉄道など交通の便が良いのと駐車料金は1ヶ月3〜4万と田舎の家賃並み。道も住宅地となれば一方通行の場所も多く金銭的にも道路事情的にも車を持とうという気にならない。車があれば大量にまとめて食品や雑貨を買ったりできるのだろうが、都内では徒歩がメイン。上京して思ったことが都会は結構歩くということだ。体力がいる。田舎では自販機まで車に乗るということも笑い話ではなく(親父がそうしていた)とにかく歩かない。一人一台車は必要だ。歩きがメインだと買い物をしても持って帰られる量には限度があるので、こじんまりしたお店くらいがちょうどいい。

娯楽が豊富な都会と娯楽の少ない田舎

ここまでショッピングモールが諸悪の根源のようになっている論調だがそうではない。ショッピングモールは無罪だ。モールが来たから廃業という単純なロジックでもないだろう。モールが来よう来まいが変化に適応できずに潰れるところは潰れる。むしろモールのような新参者より田舎で長年地域に溶け込んで慕われていたところであれば、既存客がいるというだけでアドバンテージは高い。

食品に生活雑貨だけではなく、大型のショッピングモールには娯楽を提供するという側面もある。映画館もあればゲームセンターもある。家族で食事もできて週末の憩いの場になる。田舎では若者のデートスポットとしても必要なものである。「田舎は自然が豊かで羨ましい」は都会の視点。映画に流行りの服やドリンクやスイーツなどを田舎でも試してみたくなる。そういった流行を田舎で真っ先に紹介してくれる存在がショッピングモールである。また、都内であれば娯楽施設は電車に乗ればアクセスできるが、田舎では移動は車。娯楽施設があちこち点在されると正直疲れる。

都会と田舎では環境が違うので参考にならない。

武蔵小山のパルムの商店街の入り口で一服している時に立ち話をしたことがある。おじさんに話しかけたら、青森から「活性化の勉強になれば」と視察に来た人とのことだった。都内で一番長いアーケードの商店街で知名度もあるし活気もある。視察に来る価値もあるだろう。田舎と環境が違いすぎるからどこまで参考になるかはちょっと疑問だ。商店街の数ある店舗で、長く続くお店と、入れ替わり立ち替わりが激しいお店・場所は確かに感じたのでそう言った観点であれば大いに参考になるかもしれない。

ムサコ(武蔵小山)だけでなく高円寺や下高井戸にも住んでいたのだが、大体駅近に商店街がある。活気もある。これは地元民からすればライフラインでなければ困る。トイレットペーパーが買えないとトイレにも行けない。食材を仕入れる場所がなければ食事にありつけない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました