お手頃価格のcocoon万年筆入門!必要なもの一式。CON-50インク注入やってみた。

パイロットカートリッジインク竹炭黒充填 おすすめ

先日、kakunoを紹介しましたが、今回はグレードをあげてパイロット万年筆cocoonを購入した。

パイロット万年筆Cocoonの感想

cocoonの印象だが、まずビジュアルがカッコイイ!万年筆といえば黒のイメージがあるが「赤」を選んだ。

パイロットカートリッジインク竹炭黒&Cocoon

色は他にはブラック、ホワイト、シルバー、ブルー、ボルド、チタンメタリックグレーのラインナップの7種類がある(2021年6月現在)

コクーン | 製品情報 | PILOT
はじまりは、ここから。今を生きる人の感性をダイレクトに刺激する「コクーン」。【万年筆】

メーカーのHPにはカートリッジはCON-40が適合と書かれていたが、CON-50でも問題なく使用できた。肝心の書き味だが滑らかで、同じくパイロットのKakunoと比較するとcocoonに軍配が上がる。ペン先は細字と太字がある。

余談だが小物類の所持品にさりげなく「赤」を取り入れることで魅力的に見せさせる効果がある。特に一般的に黒が主流の万年筆が赤かったときは一際目立つので新規顧客へ訪問した際の打ち合わせで赤の万年筆を使っていれば「いい色でおしゃれですね」と言われたり、言われなくとも先方の潜在的な印象にあなたを刷り込むことができる。

万年筆入門必要なもの:本体とインクだけ

万年筆本体以外に必要なものを「インク」だけだ。インクもコンバーター式とカートリッジ式がある。

カートリッジ式インクとは

ひよっとしたら万年筆のインクのイメージはこっちかもしれない。使い捨てのプラスチックにインクが入っていているやつだ。ペンケースにカートリッジの予備を忍ばせて、インクが切れたら差し替えられるだけなので気軽で手間はかからないメリットがある。

コンバーター式インクとは

コンバーターは、インキ瓶から万年筆にインキを吸入するためのインキ吸入器で。万年筆のインクが切れたら繰り返しインクを充填できるのがメリット。

万年筆のインクといえば使い捨てのカートリッジがなじみがあったが、プラスチックを使い捨ては最近話題のSDGs的にもいけないと考えコンバーター式で今後の万年筆生活を始めようと考えた。これならインクがなくなればインクボトルからインクをコンバーターに充填し繰り返し使える。

コンバータ式用インク:色雫の竹炭を購入してみた

コンバーター式なので色々好きなインクが使える。cocoonの本体とともにインクも購入した。

パイロットカートリッジインク竹炭黒

香水みたいなガラス容器にインクが入っている。パイロットの色雫インクシリーズには様々なラインナップがある。その中でも黒色の発色が評判の竹炭(take-sumi)を選んだ。

発色の感想は「今まで見た黒と違う」の他の人のレビューの通りで力強い黒!だ。黒といえばなかなか差別化が難しい色だろうが実際に見てみると全然違う。いいものに触れていって些細な変化に気付ける違いのわかる人になりたい。

瓶底のは面白い工夫がされている。中央部が凹んでいて、最後の一滴までインクを注入可能な配慮がなされているところも良い。感心した。

パイロット万年筆インク注入方法

万年筆のインクの注入方法は簡単。

パイロットカートリッジインク竹炭黒充填
  • ペン先をインクにつける
  • コンバータの上部を回転させ吸引

これだけだ。

ただ初めはなかなかうまくインクを吸引できないと思う。コンバーターに吸引させようとも吸い上げがからぶりなどロスが発生すると思うのである程度練習が必要。自分が心得たコツはペン先を気持ち多めにどっぷりインクに浸してから吸い上げるとロスなくインクが吸引される

その他:レザーペンケース自作レザークラフトの紹介

スマホで便利なアプリが復旧して、なかなか手で文字を書かなくなってきているが、手で書いた方が記憶に残ると言われているので筆記習慣は大事。ビジネスシーンでも万年筆をシンプルなレザーケースに入れて持ち歩けばそれだけで目立って印象に残る。シンプルなちょうどいいレザーペンケースが見当たらなくてレザークラフトもやってみた。興味があれば覗いていって欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました