Nexus 7(2012)を選んだ理由。GoogleのAndroid端末やっぱ本家でしょ!

おすすめ

iPhone, iMac, MacBook, iPad…など自他ともに認めるAppleユーザーですが、うちの弟と話をしていて「オレらAndroidのこと知らないんじゃね?」「だな。よし秋葉原に買いに行こう!」ということで、秋葉原に行って来た。

Android といったらやっぱGoogleでしょ!

当初は「中古でもいいや」と探していたが、「それで良いのか?」「妥協していいんか?自分」と自問し。「Android といったらやっぱGoogleでしょ!」ということで、買ってきました。

Nexus7をチョイスした理由は単純。「Androidの本家Googleの端末なら間違い無いだろう」だ。

ASUS Nexus 7スペックは最新版と大差なし

今回購入したASUS Nexus 7は、1世代前の2012年モデルです。(ちょっと強がっていますが)決してお金がなかったわけでは無いです。では何であえて今このNexus7を買ったかというと、最新のNexusのモデルとの差が感じられなかったからだ。その差は、

  • CPUが違う(ちょっとだけ)
  • 外向きのカメラは無く、前面カメラしかない、

くらいです。

細かい仕様の違いはいっぱいあるでしょうが、ざっくりいうとこんな感じ。

ASUS Nexus 7の購入の決め手が本家Googleの端末

わたしのASUS Nexus 7の購入の決め手は、繰り返しになりますが、「やっぱ本家Googleの端末だから」です。冗談抜きで、このGoogleの看板を背負っているという覚悟はそれだけで評価に値します。

店頭でタッチパネルを触ってみたのですが、反応が素晴らしかった。あと、何と言っても価格!一世代前のこの機種は価格が下落して、32GBのモデルでも1.5万円とお値打ち価格でした。スマホでテザリングやWiMAXを持っていれば、セルラーモデルも必要なく、Wi-Fiモデルで十分です。

中国製androidタブレットは安物買いの銭失い

新品でもどこぞの中華タブレットなどは、4、5千円台で売っていて確かに激安だったけど、タッチパネルの反応がいまいちでした。

何よりもそもそも店頭で故障しちゃっているものがのディスプレイされていたりしてて、試しに触ってみようとしても電源を入れることも出来なくなっている状態になっていたりと、仮に安さに妥協し買ったとしても、買ってから大変になりそうな未来しか想像できなかったです。中華タブレットは全体的にネットでのレビューもいまいちだったので安物買いの銭失いにはなりたくない。

まとめ

今のところ買って「しまった!」というネガティブなところはなく、良かったなと感じています。ずっとApple製品ユーザーなのでAndroid端末の勉強をかね遊んでみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました