都内は元気!武蔵小山商店街Palm巨大アーケードその理由を考えてみた

PR

武蔵小山商店街の神輿からの目黒のサンマ祭りの動画です。

うちの近所の東京品川区は武蔵小山商店街をぶらりと歩いていたら
神輿を担いでいました。

日本有数の商店街パルムはイレギュラーなモデルになっていて、

車社会になって、
郊外にイオンなんかの大きなモールができ、
お客さん奪われて、大多数の地方の商店街がシャッター街で困っているという
教科書に書かれていそうな問題とは無縁で、

大盛況しています。
実際に私も駅前の喫煙所で一服している時に
おじさんに話しかけたら、
青森から「活性化の勉強になれば」と視察に来た人とのことで、
そんくらい元気があります。

というのも自分の分析だと

都内の商店街は元気です。

それは、家がお隣さんと数センチというくらいに密集しています。
飛行機や都庁の展望台など上から東京の町並みを見下ろした時に
「キモ」ってくらい密集してませんか?

こんなとこに郊外型のイオンなどの大型モールが
新規に入れますかちゅー話ですよ。
ただでさえ所狭しで、土地がないところに参入は無理ですよ。

だから昔からの商店街がそのまま元気で
というか元気じゃないと周辺住民が困るので

大都会の東京の商店街は元気なんだろうなと
私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする