稚内空港まで羽田から約2時間、稚内市内まではバスで約1時間

PR

思い立ったが吉日と、
ふと思い立って

最北の地「稚内」に旅行に行ってきました。

羽田から約2時間、
稚内空港から市内まではバスで約1時間(600円)
飛行機から見られた空港周辺の様子は、
南国育ちの私にとっては新鮮で、
「まさに北海道!」という感じの
一面緑の広大な自然が広がっていました。

稚内空港メグマ沼コース

写真は空港隣接のメグマ沼の木の歩道です。


最北端のんびり歩こうプロジェクト稚内フットパス

2時間前の東京はうだるような暑さで35度、
ここではー10度で25度ほどで、
ちょうどいい気温ですが、
意外と暑いのだと感じました。

※後日、レンタカーで移動中のラジオで言っていましたが、
さすがに稚内での25度は「暑い」とのことでした。

「稚内ホテル」を検索

今回の旅の目的は?

今回の旅の目的は

「宗谷岬に行く」
「利尻島へ行く」

です。

宗谷岬について

宗谷岬は、「日本最北端の地」として有名です。

日本政府が領有権を主張する範囲における最北端の地は、
北方領土・択捉島にあるカモイワッカ岬ですが、

一般人が通常利用する交通手段を用いて到達できる範囲においての
日本国領土内の最北端の地であるため、
「日本最北端の地」と記された石碑が建てられており、
この石碑を目指し多くの観光客が訪れています

私もこの「日本最北端の地」と記された石碑を目指します。

「宗谷」とは、アイヌ語の「ソー((so) (またはシュ、ショ))・ヤ(ya)」がその由来である。
「ソー」は「礒岩の」の意で、「ヤ」は「岸」の意であり、
「岩礁」「裸岩の地」「岸の海中に岩(暗礁)の多い所」がこれの意訳となるそうです。

「宗谷」の語源はアイヌ語なのですね。