ハンドプレッソ購入しました!自宅で手頃にエスプレッソ。電気もいらず登山にも

PR

コーヒーは1日2〜3杯は飲んでいます。

しかもアメリカンのような薄いものより、

香り豊かで香ばしい”濃い”のが好きです。

エスプレッソ初体験♡物語

思い起こせば上京したての頃、

イモ臭いかっぺ野郎が有楽町のカフェで

さもあたかも「エスプレッソ?常識ですよね」くらいの

ドキドキを気づかれないように平静を装いつつ

生まれて初めてエスプレッソを注文ですよ。

おしゃれな店内のせいもあるでしょうか、
まじドキドキしながら、
注文したMyエスプレッソを今か今かと待っていました。

しばし待って出てきたのが

ちょこんと、かわいいグラス…
お水付き

「ふざけてるのですか?」

と、心の中で思いましたが
その一口含んだ瞬間、その理由がわかりました。

濃厚かつ目の覚めるような刺激的なあのフレーバー

普通のカップサイズでエスプレッソは

【キケン】です。

ハンドプレッソで自宅でエスプレッソ!

そんなエスプレッソを自宅でも楽しめちゃう商品です。
HandPresso_1
その名はハンドプレッソです。

自宅用エスプレッソマシーンと言えば、
デロンギも有名です。

豆をいれるだけであとはボタンクリックの

全自動タイプもあり、それでいて味はファミマのコーヒー見たくしっかりしていて

おいしく出来上がりますが、

私ファミマのコーヒーマシーンは、

もしやデロンギじゃないかと疑っています(真相はわかりませんよ)

エスプレッソ中毒者としてはデロンギはマストアイテムですが、

いかんせんデメリットは初期投資に値が張ることですね。

ハンドプレッソはアウトドアでも使用可能!

「ハンドプレッソ」はポータブルなので、

登山などアウトドアでも使用できるメリットがあります。

富士山頂でエスプレッソもいいですね。

他のレビューをみると、

オフィスなどに持っていく人もいらっしゃる用です。

私も丹沢登山の時に持って行きました。

ハンドプレッソの使い方

さてハンドプレッソの使い方は

  1. 携帯用の自転車の空気入れのようにシュポシュポします
  2. お湯をセット
  3. 豆をセット
  4. ハンドプレッソのボタンを押し抽出

HandPresso_2
以上です。

丹沢登山の時にやって見た映像があるので

こちらもご参考ください。

ハンドプレッソは慣れれば簡単!

ハンドプレッソでエスプレッソ抽出は正直なところ、

ちょっと手間はかかります

慎重に作業しないと細かい豆も飛び散ります

が、慣れれば簡単です、

豆はエスプレッソ用のエスプレッソ用のキメの細かい挽き方でないとだめです。

市販できめ細かい豆がなかなか見つからず、
初めはネスプレッソのものをパックからほぐして使用していました。

HandPresso_3

きめ細かくはない、通常の挽き方だと抽出時間は一瞬ですが、味は薄味でした。
アメリカンとも言いがたく「オエ〜」でした。

ちなみにすでに挽いたものだけだと物足りない!

普通のコーヒー豆を自分で超極細に挽いて別の味を楽しみたい!のであれば

セラミック刀のこのコーヒーミラーがうまく挽けましたよ。

キケン!ハンドプレッソのフタ開封時はちゃんと圧を抜くこと!

ハンドプレッソのフタを開ける前には

ちゃんと圧を抜かないといけません!

抽出する際のボタンを「解放」したらそのまま放置がいいでしょう。

焦って洗おうと、圧が少し残ったまま、

ふたあけたら「ポン」といって

蓋が吹き飛んで、中のコーヒー豆も飛び散りました。

怪我はなかったのですが、説明書を良く読むことをオススメします。

シェアする

フォローする