お正月にやってくる、年神様はチクチクしたものが好き!?

PR

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

年々、信心深くなってきてると
自他共に感じていますが
これも歳を重ね伝統や文化、
歴史を学べば自然にこうなるものと考えます。

このブログでもより一層
「日本のこころ、伝統」を伝えていけたらなと考える元日です。

さて本題の「年神様」の話に入りましょう。

そもそも「年神様」とは何か

ちょっと調べて見ました

お正月は年神様やご先祖様が我が家にやってくるとても大切な日です。

年神様は家々に1年の実りと
幸せをもたらすために、
高い山から降りてくると
考えられている新年の神様です。

門松は「年神様」が降りてくる際の目標であり、
それぞれの家に入る前にいったんとどまる、
依代(よりしろ)の意味もあります。

年神様は日の出とともにやってくるため、
初日の出は年神様の降臨を意味しています。

年神の御神体は鏡餅である。

あらためて調べると
フムフムという内容も出てきますね。

「年神様」はチクチクが好き?

年神様の目印は門松です。

竹を横に切ったものや
松の葉など

気づきませんか?

どうやらチクチクしたものが
お好きのようですよ!

1年のはじめ
良いスタートにしたいですね!

P.S.
今年も読者の皆様におかれましても
健康・ますますのご活躍の1年になりますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする