門松の竹の切り方の種類 斜めだけではない!?真横もあるよその意味と歴史

PR

このお正月
都内の周囲を歩いていたら
気になることがありました。

門松の竹の切り口です。

門松の竹の切り口は斜めだけではない!

門松の竹の切り口といえば斜めのイメージが有ります。

門松切り口斜め正月飾り

私にとっては写真のような
「斜めの切り口」の門松が一般的です。

ところが!
真横に切ったものの存在に気づきました

門松の切り方について調べました

正月飾りの代表格である門松の切り方について調べました。

どうやら2種類あるようです。

門松の切り方種類:寸胴(ずんどう)

竹の先端を真横に切るのが
「寸胴(ずんどう)」というそうです。

門松の切り方種類:そぎ

一方、一般的な竹を斜めに切るのは
「そぎ」というそうです。

名前があったのですね!

スポンサーリンク

門松竹を斜めに切るのは徳川家康が発祥?

竹を斜めに切るかどまつの「そぎ」は、
徳川家康が生涯で唯一負けた武田信玄(竹)に対して、
「次は斬る!」という念を込めて切ったのが始まりという説があるそうです。

また、門松に使う竹は節をからめて斜めに切った際、
その切り口が笑い口に似ていることから、
「笑う門には福来る」ともいわれています。

ちなみに寸胴は武士が好んだそうです。
刀で切るなどのイメージで斜めは避けられたのでしょうかね…

門松の切り方の番外編:ハイブリット版!?

散歩中に門松の切り方のハイブリッド版を都内でみかけました。
このようなスタイルも見かけました

わかります?
斜めに切る「そぎ」を行なった上で
先端を「寸胴」にする合わせ技です!

結構近所はこのタイプが多くて新鮮に感じました

なかなか都市部の集合住宅等では門松や
日本の伝統的なことを踏襲することは難しいですが
大切にしてて後世につないでいきたいものですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする