ベトナムで日本語が「第1外国語」に!?

PR

先日のニュースですが
日本人として嬉しいものを発見しました

By David Alan Harvey / manhhai

By David Alan Harvey / manhhai

日本語が「第1外国語」に ベトナムの小学校で東南アジアで初

在ベトナム日本大使館は1日、
ベトナム全土の小学校で日本語を英語などと並ぶ
「第1外国語」として教えることを目指す方針で
ベトナム教育・訓練省と一致したと発表した。

対象は3年生以上。今年9月から試験的に、
首都ハノイの三つの小学校に
日本語学習クラスを2クラスずつ設置する。
大使館によると、
初等教育段階での日本語教育の導入は東南アジアで初めて。

日本大使館がこのような活動をなさっていたことを
知ったのもびっくりです。

現時点では”目指す”とのことですが、
是非と”実現”してほしいと、一日本人として思うわけです。

子供心にも誇らしかった

思い起こせば10代の頃
マレーシアに行く機会があったのですが、
その時訪れた高校で日本語の授業があったのを目にしました
黒板には「ハト、マメ、マス」が書かれていて
驚いたのを記憶しています。
マハティール首相のLook East政策のおかげなのか
みなさん日本に興味津々といった様子で子供心にも誇らしかったです。

言語を学ぶ=考え方を学ぶこと

話を第1外国語に戻しますと、
他国の言語を学ぶということは
その国の人々の”考え方”を学ぶことを意味します。

スポンサーリンク

日本語の物の数え方はすべて数えられないもの

日本にハマって、日本語を覚えようと頑張っている
アメリカの友人との会話で話題になったのですが、
例えば英語と日本語では数の数え方の概念が違います。

Countable Noun: 可算名詞(=数えられる名詞)
Uncountable noun: 不可算名詞(=数えられない名詞)などです。

前者で言うと
日本語では本のことを1本、2本
りんごのことを1りんご、2りんごとは言いませんよね。

本が1冊、2冊と言いますし、
りんごは1個、2個ですよね。

日本語が堪能なもう一人のアメリカ人は
「日本語の物は全部Uncountableだよ!」って言っていて納得しました。

さらに数え方で言えば
英語では名詞の複数形にはsがつきますよね。
日本語では物が1つだろうがなかろうが気にしないですよね。

こんな感じで概念そのものも違うわけですよ。

考え方で言えば
「いただきます」なんかいい例ですね。
例のアメリカの友人と食事の際に
「いただきます」と言って彼が食べ始めたので、

「お、いいねー。ところで【いただきます】の意味知ってる?」と聞いたら

「食べ物の命に対する感謝でしょ(*)」と言って感心したものです。

(*)語源には諸説ありますが、私はこの仏教元来のこの説が好きです。

理解してくれる人が増える可能性がある

外国語を学ぶということは
その相手の国の人々の考え方を学ぶ恰好の方法だと私は考えます。

よって、ベトナムで日本語が「第1外国語」になるということは
日本人の考え方を理解してくれる人が増える可能性があるという点で
大変喜ばしいものです。良い流れです。

それに恥じぬように現地に行ったらもちろんのこと、
常日頃も気品溢れる行動を心がけねばと思う次第です。

実はベトナム旅行を計画していて、直近は別の場所になったのですが
是非とも、現地の様子とか肌で触れたく
年内には訪れたいものです。