コラム

日本は現存する世界最古の君主国家。紀元前660年から続く守るべき存在

スポンサーリンク

世界史の巻末の図を覚えていますか?

現在の世界史の教科書はどうなっているかわかりませんが、
アラフォー世代の私が教わった頃の世界史の教科書の巻末には、
このような年表がありました。

最古の王朝日本世界史年表

一番下の「帯」に注目です。これが日本です。
10歳くらいの、鼻垂れ小僧だった当時の私はこの凄さに気づきませんでした。

日本は現存する世界最古の君主国家

様々な王朝が忙しく入れ替わる中、
日本は天皇の系譜に基づき存在しています。

その歴史は紀元前660年に神武天皇即位から
西暦2018年現在で2678年です。

皇紀2678年とも表されます。
これは「日本書紀」の記述をもとに設定された日本の紀年法です。

ちなみに世界で2番目に長い歴史はデンマーク王国で
王家としての始まりは8世紀とも10世紀とも言われており、
欧州で最も古い王室です。

有名なイギリス王室は、
1066年フランスから上陸したノルマンディー公ウイリアムが
ノルマン王国を創始して原型が作られました。

神武天皇といえば神話の世界の話ではないか!

という意見もありましょうが、
現在も日々研究がなされ、解明がなされている最中です。

日本書紀は720年に編纂ですので、控えめに見積もっても
世界最古の称号はゆるぎがないものです。

参考:歴史が長い世界の王室トップ10!世界最古の王家は「日本の皇室」である

日本の歴史。時代って変わっていない?江戸時代や鎌倉時代とか

さらに、

日本史を学ぶと鎌倉時代、江戸時代など、

なんちゃら時代という風に時代が変わっているじゃないか!


と思われるでしょうが

朝廷は変わっていませんよ(小声)


朝廷は変わってないことに、我々日本人は気づくべきです。

征夷大将軍も朝廷から任命されるものですので
朝廷あってこそなのです。

これから将来の夢で、
「将軍」を目指す方はこの点をご注意いただきたいです。
任命されなくては将軍になれませんのでw

参考: 征夷大将軍(wikipedia)

歴史の長い日本その要因は?島国だから?

歴史の長い日本その要因は何だと考えますか?
島国だからでしょうか?

確かに、日本は周囲を海に囲まれ、
天然の要塞を保持しています。

ですので、
他の民族、外敵から守られたからと言うことも要因の一つでしょう。
でも、それだけでは不十分であったのではと考えます。

  • 一神教ではなく八百万の神
  • 生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂もしくは霊が宿っているという、アニミズム的思想観
  • 十七条憲法の「以和為貴」(和をもって尊しとなす)にあるように、協和・協調を重んじることが大事であるという思想

これら思想の面も、要因となっています。

海に囲まれた地政学的なハード要因だけではなく、
日本人特有の思想である、ソフト面も大きく寄与しています。

事実、日本は為政者が力を持って、
国民を従わせる、西洋的なスタイルではありません。

その証拠に京都御所を思い出してみてください。

京都御所外壁

お堀がありません。これほどまでに無防備なお城が他の国にあるでしょうか?
大変興味が深いと思いませんか?

歴史があるから守りたい。人類が守るべき存在

今回この話で日本が、
現存する世界最古の王朝と知った方もいらっしゃると思います。

私も含め
日本国民であれば誰しも誇りに思える事です。

ただ、人間は弱いもので、一番とか最古とか言われると
すぐに得意になってしまい他者と比べ優越感を覚えがちです。

それではいけません。

ご先祖様の築かれた歴史に誇りを感じ、それと同時に歴史の重みや責任を受け止め、
この人類が守るべき存在(世界最古の君主国家)にふさわしく
恥じぬように行動していかなきゃと気が引き締まりませんか?

まー世界最古だと単純に「守らなきゃ!」って思うよねw
キャハ!☆

あなたの歴史認識は正しいですか?

学校で学んだ歴史は偏ったものかもしれません。
勝てば官軍、リベラルか保守かの立ち位置で主張する意見は異なります。

物事の一面だけで知ったつもりになることは危険です。

日米大戦の本質を解き明かす書籍 日本人が知らない太平洋戦争の大嘘

こちらもCHECK

引越し蕎麦はあげるもの。自分が食べるのではない
引越しそばのお作法。食べるタイミングなどはない!あげるものです。

スポンサーリンク 人事異動や入社 、入学などと新生活が始まる引越しシーズンですが、引越しといえば「引っ越しそば」です。 引越しそばはご近所さんにあげるもの?自分が食べるもの? 引っ越ししたら引越し蕎麦 …

続きを見る

スポンサーリンク

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

-コラム