iPadキーボードカバーLogicool Ultrathin Keyboard Cover感想

iPadキーボードカバーLogicool Ultrathin Keyboard Cover感想 おすすめ

iPadキーボードカバーとしてLogicool Ultrathin Keyboard Coverを購入したので使用感などレビューしたいと思います。

そもそも何故iPadのキーボード付きカバーを買ったのか?

iPadには反応の良いソフトウェアもついていているのにそもそも何故、iPadキーボードカバーを買ったのかというと、「作業効率アップを期待」のためです。

ブログを更新したりするときは、パソコンで文字を書いています。でも、ちょっとした外出なんかの際にいろいろひらめくこともあります。だからといってMacbookを常に持ち出すのは正直ちょっと億劫です。MacBookは格好はいいのですが漬物石くらいに重いですしね。

「新しいiPad」のキーボードカバーが量販店に無い

私の持っているiPadは第三世代で、こっそりこの呼称は闇に封じられた感がありますが、当時「新しいiPad」と言われていたものです。

今ではiPad Airが出ていますのでビックカメラやヨドバシカメラなど、家電量販店で「新しいiPad」のキーボードを探してもなかなか在庫が置いていなです。ほとんどiPad Air用のもので売り場面積が占められていました。

何件かお店を周ってようやく「ビックロ」で見つけました。iPadのアクセサリー関連の売り場の足元の影のうすーいところに、1つぽつーんとあった。

Logicool Ultrathinの感想。とにかく薄い!

iPadキーボードカバーLogicool Ultrathinを手にして初めての感想は、名前の如く「本当に薄い」です。

肝心の書き味はというと、Amazonとかのレビューでも同じことを言っていた人がいたのですが、主なものをあげると、

  • MacBookのキータッチと変わらない
  • デザインはもiPadの世界観を損なうことなく、完全にマッチしている

iPadとこのキーボードの両者がフュージョンしても元々こうゆう製品ではないかと思うくらいの溶け込み具合です。すんなり馴染んでます。

Bluetoothの同期も、キーボードの電源入れ、iPadのBluetoothをONにするだけで一発で同期できました。iPadをキーボードに差し込むタイプですが、実は差し込み口にも磁石くっつく設計になっているので、不注意に脱着しないようになっています。文字入力は「慣れが必要かな」という感じが正直初日はありました。特に文字変換がMacの感覚と違っていて、若干の戸惑いがあります。もともとiPadが手入力前提の設計のタブレット端末だからこれは致し方ないのかもしれません。今は慣れたこともあってか特にストレスはないです。

実は以前も別のキーボードカバーを持っていました。Logicool Ultrathinとくらべ半額だったので値段は満足ですが、デザイン、キータッチの感覚はLogicool Ultrathinには劣っていました。

iPadは学生がノート取るときに良いかも

自分が学生の時はiPad自体存在しませんでした。PCの持ち込みも周囲から浮いてしまうくらいでした。これから学生生活始まる人なんか講義のノートがわりにiPad+キーボード、いいんじゃないかとふと思いました。

もちろん、社会人でも、自己啓発や外出先でiPadを文字入力効率をあげ、ノートPCのように使ってみたり、他社様のビル無いだろうが、多摩川の河川敷だろうがいかなる場所・状況でも「俺は資料を書き上げるぜ!」という機動抜群の人にもいいアイテムかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました