アメリカの現地SIMが使えすぎて感動した。使用方法もSMSするだけで簡単。

PR

先日ハワイに行ってきました。

台風が南の方に2つ来ていたせいかわかりませんが、
飛行機を降りた瞬間
湿気具合は日本と同じくらいに感じました

というのはさておき、
今回の滞在で試してみたいことがありました
先日も取り上げた現地SIM

入国審査も終えいよいよゆっくりと
iPhoneを操作する時間ができたので

早速SIMを挿入!
現地の郵便番号を7850あてにSMSするだけです。

あれ?アクティベートできないぞ。

ReadySIM Activation
※画像は帰国後撮ったのでキャリアがdocomoになっていますが現地ではAT&Tでした。

…とわかっていても、

間違うのが人間の性です。

「あれ?アクティベートできないぞ」

なんて事ありません

原因は

「SMSで郵便番号を送っていなかった」

からです。

時差のせいにしましょう、
飛行機で爆睡でしたが。

詳しく説明しますと、

画像のように
郵便番号送るのを忘れて適当にメッセージしてしまったのです。

後で、「あ、郵便番号だった(笑)」と郵便番号をSMSで送ると、
無事アクティベートすることができました。

結果オーライです。

繋がる!おっさん2人がキャッキャ感動!

あとはネットは繋がる、メールは受送信でき、
さらに、同行者が

「ハワイに知り合いおんねん、ここかけてみ?」

(ポーポ) ※USに電話すると鳴るあの音です

「Hello?」

で、電話もかけられ

大の大人が2人してキャキャしながら
「すげー」と感動

周りが国際ローミングで料金にビビりながら
機内モードのままでいる横で

普通にiPhone使えました。
Facebookに普通に投稿もできたし、
現地の情報仕入れるにはスマホはマストなので
快適な滞在ができました。

マハロ

Hawaii iPhone6s

追記(2017.04.24):
現在はパッケージと名称が変わっているようですね。