おすすめ

年賀状の季節なのでCanon互換インク使ってみました

スポンサーリンク

年の瀬も近づき年賀状の季節ですね
準備はお済みでしょうか?

業界人ではないので詳細はわかりませんが
素人目にもこの時期、家電の売れ筋にランクインしているだろうものは
「プリンターのインク」ではないでしょうか?

何でしょうね…
紙の電子化が叫ばれ、自炊でPDFにしてみたりと
アンチ紙化を行っている現在の私としては
紙に印刷などは「Haha!紙に印刷だって(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!!」
と、ありえないのですが、
年賀状は出さざるをえません。

こっそりと音信不通になっている人は外してみたりと
黒いことをしても、ZERO化は難しく
大人の事情で出さざるをえない場面があります。
「俺(あたし)もらってないしぃー」ってムクれられても困ります。
五十二円で人間関係が円滑になれば安いものだという考えや、
いやいや「年賀状は贈り物ですよ!真心込めないと!」
と自分の中のジギルとハイドが戦ってます。

えーい、ややこしいわ!いざ印刷!
という局面で毎年
インクがなくなっていることに気づくのがこの時期なのでしょう、
年にこの時期しか間違いなく自宅のプリンター使用していないのにだ。
これは家電量販店で私も含め行列をなしている方々を目にして
確信に変わりました。

2万もしないプリンター本体に対して
何もしなくても蒸発して年に一度は買わざるをえないインク6千円ほど
このビジネスモデルには脱帽だ。

今回はメーカーからは白い目で見られそうですが

インクなくなった
一気にほぼ全インクがなくなって

出費もハンパないので
プレジールインクカートリッジ
非純正を試すことにした。

遜色ない発色だと感じた。
互換性インク試し刷り

それにしても一年あっという間ですね…

こちらもCHECK

印伝の名刺入れ
甲州印伝の長財布竹田恒泰氏も愛用!印傳屋ビトンのブランド財布から買い替えてみた

スポンサーリンク 財布の買い替え時期は3年 財布は3年で買い換えると良いと言われています。 今回はどんな財布がいいのかなと吟味した結果、大好きな作家の竹田恒泰氏もご愛用とのことで、甲州印伝の印傳屋(い …

続きを見る

スポンサーリンク

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

-おすすめ