ブルーインパルス大都会東京上空を飛行。2020年東京五輪に向けサヨナラ国立競技場イベント(2014年)

ブルーインパルス編隊アクロバット飛行 感動した

都内在住の方はしっかりとブルーインパルスが大都会の東京都心の上空を飛行した勇士を見ることができただろうか?

ブルーインパルスはなぜ東京上空を飛行したのか?

ブルーインパルスが2014年5月31日、都心上空を飛んだのは、「SAYONARA国立競技場プロジェクト」のイベントの一環でブルーインパルスが舞った。

ブルーインパルス展示飛行詳細

「SAYONARA国立競技場プロジェクト」とは

1964年の東京オリンピックの競技会場として建設され、その後はスポーツの聖地とされ親しまれてきた国立競技場。2020年の東京オリンピックの準備に向けて解体・再建設が決定した。解体作業は2014年の7月から開始される。解体に際してその前に国立競技場に対して今までの感謝を込めたイベントが2014年5月31日に開催され、終日にわたり、国立競技場にゆかりのあるアスリート、国立競技場を愛するゲストが登場し、プログラムが展開された。

そのイベントの一環で、航空自衛隊の精鋭パイロットで編成されたアクロバット飛行の広報組織、ブルーインパルスが編隊飛行を披露した。17時20分から18時10分の間のプログラムで、17時35分から展示飛行が予定されていた。展示飛行は、デルタ、スワン、グランドクロス、リーダーズベネフィットの隊形で航過飛行であった。

先の東京オリンピックである1964年の開会式。ブルーインパルスが国立競技場上空を編隊飛行し、感動と歓声の声に包んだことは現在でも語り継がれる名シーンの1つだ。50年の時を経て、再びブルーインパルスが国立競技場上空で華麗なフライトを披露した。

ブルーインパルス編隊飛行。新宿で目撃(動画あり)

夕方にブルーインパルスが都心上空を飛ぶと友人から聞いていたので、その時刻には外にいるようにした。そろそろ時間だなと思った頃に新宿の高島屋前のタイムズスクウェアにいた。立ち止まっているのは初めはまばらだった。

人混みの割には立ち止まってブルーインパルスの登場を待ち侘びている様子の人が少なかったので「あれ?ブルーインパルスにみんな興味ないのかな?」と残念に思っていたのだが、次第に立ち止まって明らかにブルーインパルス目当ての人が増えてきた。

報道を知らない人も足を止め、ブルーインパルスの登場を待つ

人が集まると、人が人を呼び、通りがかった今日の夕方にブルーインパルスの飛行のセレモニーを知らない人も「今日なんかあるのですかぁ?」と人に尋ねていた。「おー!ブルーインパルスが飛ぶんですね!」と今しがた知った人々も立ち止まって、さらに人が集まってくる。

ブルーインパルス都心上空飛行新宿駅前から撮影2014年SAYONARA国立競技場

いよいよ定刻であれば飛んでくる17時35分が近づくと、たまたま居合わせた、高そうなカメラを持った自分の隣のおじさんもソワソワし始めた。「いよいよ来るな!」と自分もスタンバイ。

ブルーインパルスあるある。「音が聞こえたら時すでに遅し」

実家には海上自衛隊があり、よく地元にもブルーインパルスが飛来していた。そこで経験則から航空自衛隊のジェット機は「音が聞こえたときは、時既に遅し、姿はその先にあり」と心得ていたので、何としてでも目視にて確認しなくてはと思った。

と、言うのも。代々木のこのdocomoタワーの前は、都会とジェット戦闘機という対比が絵的にはもってこいなのだが、如何せん「空が狭い!」新宿は建造物多いので、チャンスは一瞬。

定刻になり「わぁー」というおばさんの黄色い声を合図に録画したのが冒頭の動画だ。意外と低速飛行だと思った、ビルに吸収されてか、ジェットエンジン音も全く聞こえなかったのが意外だった。吸収されたのか、それ以上に新宿の雑踏がうるさかったのかは不明。聞こえてきた機械音は新宿タイムズスクウェアの足下のJRの電車の音しか聞こえなかった。

ブルーインパルス都心上空飛行新宿駅前から撮影2014年SAYONARA国立競技場

都心でスタントなし「おごそかな」ブルーインパルス飛行

田舎で子供の頃に見た激しいスタント飛行が強烈だったので、ブルーインパルス=ハートを描いたり、そのハートを射ったり、背面飛行でずっと進んでいったかと思うと垂直に上昇…からの急降下!などスタント飛行をするものという頭でいたので、今回の都心上空の編隊飛行は「おとなしい」印象を受けた。いや、いい意味で今回解体され新設される国立競技場に対して敬意が感じされ「厳かおごそ」だった。

動画中盤でご覧いただけるように自然と歓声と拍手がわきました。

ブルーインパルス都心上空飛行新宿駅前から撮影2014年SAYONARA国立競技場3

感動た。自衛隊の広報のページを確認するとパイロットには私の高校出身の方も2名もいらっしゃるOBの方に日々の国防サービスと鍛錬、そして美しいブルーインパルスの飛行に対して「感動をありがとうございます!(敬礼)」と言いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました