アップルストア銀座店のエレベーターの乗り方。ボタンを押す操作は不要

Apple Store銀座店 コラム

思った以上に人間は普段、条件反射で行動しているようである。

銀座のアップルストアをはじめて訪れた時の話。新型iPhoneの発売日に行列をなして並ぶ光景はすでに定番だが、この日は新型機種発表などのイベントも特にないのにもかかわらず大賑わい。さすがはアップルブランドと感じた。

アップルストアについて

「銀座」という土地自体がすでにブランド

銀座といえばそれ自体がブランドである。シャネルやヴィトン、グッチなど名だたる高級ブランド店が軒を連ねる。当然コンピューターの雄であるアップルのストアもその一員である。筆者も外資企業で働いていたことがあるのだが、外国に拠点を持つときにブランドイメージを保つためのガイドラインがあった。ソフトウェアという最先端なイメージに沿うように各国のそういった場所。日本であれば渋谷や六本木になるのだろう。おそらくマーケティング的にもAppleにとって「銀座」のブランド力がオフィス選定に考慮されたはず。

しかもアップルにとって「銀座」は日本初の直営店であるどころか、米国以外で初の直営店。2003年11月30日(日曜日)の午前10時にOPENした。

Apple Storeの店員はフレンドリー。店内にレジはない

Apple Storeの店内はシンプルながらも細かいところに最先端が潜んでいて驚かされることばかり。目新しいものだらけで、まるで上京したての頃の気分になった。

例えばレジは無く、支払いはジーニアスと呼ばれる店員が持つ端末で決済を行う。接客態度もフレンドリーなアメリカスタイルで客と店員という感じではなく、どこか友人同士との会話といった雰囲気であるので独特の雰囲気がある。英語も堪能な店員がいるので日本語が十分ではない海外からのお客さんも安心している様子。

ちなみにハワイのApple Storeも訪れたことがあるのだが、内装・店員の雰囲気は全く一緒。グローバルでブランドイメージの統一がなされていると思う。それでいても「丸の内」のApple Storeのように竹などデコレーションして和のイメージなど少し取り入れてみたりとさりげないアクセントをつけているところが良い。

銀座のアップルストアのエレベータの乗り降りの仕方。ボタンは押せない

1階のiMacやMacBookのフロアだけではもったいないと、上の階に向かおうと店内奥のガラス張りのエレベータに入る。すると「閉じる」ボタンがない。戸惑いながらもとりあえず4階に向かおうと数字の「4」を押してみる。

押せない。

説明しよう。自動的にエレベーターが上に行ったり下に行ったりを繰り返しているのが、銀座のアップルストアスタイルである。

4階に行きたいのであればエレベーターに乗り込み、ただただ上に行くのを待つ。ポイントは人間様は”何もしない”ことである。4階につくと一定時間だけ勝手にドアが開く。そのタイミングを見計らって、エレベーターから飛び出る。

逆もしかりで、今度は4階から2階に降りたいときは、下に降ろうとしている雰囲気のエレベーターに飛び乗る、つい「2」と印字されLEDの光る数字パネルのボタンを押したい衝動に駆られるが、初めてで戸惑う他の乗客を横目に「当然ですよ」といったすました顔をしながら、”何もせず”エレベーターが下がっていくのを待つ。2階に着きドアが開いたらすかさず飛び出す。

これさえ押さえればOK。君もApple Storeマスターだ。アップルストアのエレベーターの乗り方がわからずに一階だけ眺めるだけで、店をあとにするという悲劇はなくなる。

銀座のアップルストアのエレベータ操作。大勢の指紋が戸惑いの証拠

アップルストアのエレベーターがはじめてという人も、必要以上に心配することはない。なぜなら、きれいに拭かれたはずのエレベーターの数字パネルは多くの人の指紋がついていた。

みんな戸惑いながら成長している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました