西郷隆盛終焉の地へ行ってみた。「晋どん、もうここらでよか」は細い通りにひっそりだが威厳あり

PR

Google Mapを頼りに
西郷隆盛終焉の地へ向かいました。

西郷隆盛の終焉の地までの話

時は明治10(1877)年9月24日未明、
城山を包囲した政府軍は一斉に砲撃を開始し、
薩軍は、敵陣目掛けて岩崎谷を駆け下り、最後の抵抗を示しました。

その時に西郷隆盛は腰と太ももに銃弾を受け、
この「終焉の地」にたどり着きます。
「晋どん、もうここらでよか」と
別府晋介の介錯によって最後を遂げたと言われています。

西郷隆盛の終焉の地まで行ってみた。路地はひっそり

大通りから外れたJR鹿児島本線沿いのひっそりとした場所に
西郷隆盛の終焉の地はありました。

ちゃんと看板も出ているので
わかりやすかったです。

西郷隆盛終焉鹿児島市

ご丁寧に「西郷隆盛の終焉の地」という看板があります。
西郷隆盛終焉看板

階段を登ります。
西郷隆盛終焉階段

ここが「西郷隆盛終焉の地」です。
南洲翁西郷隆盛終焉の地

ほとんど何もなく綺麗に整っていて、
神社のような雰囲気があります。

「晋どん、もうここらでよか」の地は静かだった

「晋どん、もうここらでよか」の看板に詳細の解説がなされていました。

西郷隆盛終焉の地晋どんもうここらでよか

私が訪れた時は誰もいなく静かなものでした。

通りを歩く人もまばらで、
私の存在に気づいて「おっ!ここなんだー」って顔をして
通り過ぎていた様子でした。

まとめ:西郷どんの大河ドラマが始まったら賑やかになるかも

大河ドラマが始まったらきっと訪れる人も増え、
賑やかになるのでしょうね。

鹿児島市に観光で訪れた際は是非とも立ち寄ってほしい場所です。

西郷隆盛終焉の地: