西郷洞窟。西郷隆盛が西南戦争で終焉間際に身を隠した場所

PR

別投稿で西郷隆盛終焉の地をご案内しましたが、
その終焉の地に向かうまで、身を潜めていた洞窟がここ西郷洞窟です。

西郷隆盛洞窟

伝記か何かで「城山の洞窟に身を隠し…」という記述があったことは
知っていたのですが、その場所がここかと思うと
感慨深いものがあります。

西郷隆盛は夜明けを待って5日間過ごしたこの洞窟を出ました

城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。
一方これを囲む政府軍は何重もの柵をめぐらしその数4万。
死を決した西郷隆盛は夜明けを待って5日間過ごしたこの洞窟を出ました。

私学校の幹部である
桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎も一緒です。

この日の西郷の出立ちは妻のイトが縫った
しまの単衣(たんい)に白い兵児帯。
ゆっくりと岩崎谷を下ります。

洞窟を出た後たどり着くのが「西郷隆盛終焉の地」

ゆっくりと岩崎谷を下りた時、流れ弾が西郷の腰に命中。

なんとか銃弾の合間を縫って進みます。

そしてたどり着くのが
「西郷隆盛終焉の地」です

幹部の一人である別府の介錯をあおいで
49歳の生涯を閉じます。

洞窟から西郷隆盛終焉の地はなかなかの距離

この洞窟から終焉の地を歩いていると
このドラマがリアルに感じられます。

洞窟から終焉の地あでは約600m
平和な今、歩けばたった7分くらいです。

そこを銃弾の飛び交う中、しかも被弾しながら下って行ったと思うと
感慨深いです。

今では平和そのもののこの小道が
そう遠くない過去に戦場だったのです。

西郷隆盛の洞窟のそばにはおみやげ屋さん。貴重な写真展示も

明るい話題を言えば
洞窟を正面に見て右手と左手に
縄文杉も扱っているお土産屋さんがあります。

西郷隆盛洞窟お土産店

洞窟で写真を撮っていたら女将に声をかけられたのですが、

洞窟の方を見て左手のお土産さんでは
中に入ると西郷どんをはじめ、
明治維新の方々の貴重な写真をみせてくれました。

女将曰く「世に公開されていない貴重な写真」だそうです。
せっかくですので、お立ち寄りください。

西郷隆盛南洲翁洞窟: