ScanSnapは必須!書籍自炊PDF化背表紙切るには大型裁断機!

PR

電子書籍利用していますか?
スマホやタブレットで読書もだいぶ定着してきた感もあります。

部屋の掃除で手持ちの本を捨ててしまうのは嫌だ
二束三文でブックオフに売るのもイヤw
という場合は書籍自炊でPDFを作成してみてはどうでしょうか?

電子書籍自炊とは

「自炊」と言うと文字通り
外食やスーパーの惣菜ではなく
家でちゃんと料理を作成してーというアノことを
一般的に指します。

ですが、電子書籍の世界では
自分で普通の書籍を裁断しスキャナーで取り込み
PDFで取り込み電子化、
タブレット端末等で楽しむことを言います。

だいぶリアル書籍がでれば電子書籍版もリリースされるようにはなりましたが
昔の書籍をはじめ、作家さんの意向や
出版社の方針でしょうか、
なかな電子化されない書籍もあって「自炊」やむなしです。

電子書籍の自炊で必要なもの

電子書籍の自炊で必要なものは
スキャナと裁断機です。

これさえアレば自作PDFが作成できます。

が、
適切な道具をケチらないで準備したほうが得策です。

書籍自炊派鉄板スキャナはScanSnap

スキャナも超コンパクトタイプかつ安いものが出回っていますが、
1冊通常300〜400ページはある書籍
書斎には数十冊、数百冊とあるのではないでしょうか。

それらをデジタル化してシンプルに片付けようとした場合
スキャン速度の小さな差が大きく変化します。
これは経験済みで、
最初会社でも使っていて、コンパクトで便利だった
キャノンのDR-150を使っていました。

Canonスキャナ― DR-150

持ち運びもできていいんですが、
自炊PDFを作成するという目的であれば、

読み込み速度が遅くて
2ヶ月後に買い替えました。

自炊派のスキャナーはこれで決まりです。
FUJITSU ScanSnapです。

わたしはMacですのでMac版を購入しましたが、
Windows版もあってしかも安かったです。

が、
Mac使いでWindows版を買った人のScanSnapを借りても
普通に使えたので、本体は同じなのでしょう。

ただ、ソフトウェアやドライバーなど、
当然Win版Mac版で違いますので、
パソコンに詳しくない人は素直に
自分のPCにあったScanSnapシリーズを購入なさったほうが
あれこれ悩まず、迷わずで時間短縮です

大型裁断機が便利背表紙を切る!

SnanSnapが自炊派の目に止まってヒットしたことをいいことに、
富士通が非破壊スキャンを出しましたが、

自炊PDFといったらやっぱ
大型裁断機で本の背表紙を裁断し、
スキャナで読み込む方法が一般的です。

買ったばかりの本をいきなり裁断は
結構背徳感があり、
だめな人はだめ、
爽快、快感を感じる人と賛否両論です

私は、始めの頃は背徳感がありましたが、
4,5百冊も裁断すれば慣れてしまい、
なんとも思わなくなりました。

碇シンジくんの
「目標をセンターに入れてスイッチ…目標をセンターに入れてスイッチ…」のように
いまでは無心に裁断できます。

なぜ裁断機で本の背表紙を裁断してしまうかというと、
背表紙を裁断すれば、本のページは1枚ペらの紙に分解できますので
スキャンがしやすくなります。
束でスキャナーにセットし、ボタンひとつで高速読み込みされるので作業もあっという間です。

これが自炊派がわざわざ書籍を裁断する理由です。

シェアする

フォローする