PDF自炊(自分で書籍電子化)用大型裁断機の替刃購入して交換してみた。まるで日本刀怪我注意!

PDF自炊(自分で書籍電子化)用大型裁断機の替刃購入して交換してみた。 おすすめ

大型裁断機を導入して、自炊(自分で書籍電子PDF化)をはじめて6年は経っただろうか、これまでに電子化された書籍は漫画、ビジネス書、スピリチュアル系などなど多岐ジャンルにわたり数百は超える。最近、裁断の切れ味が悪くなり刃を購入して交換してみた。

大型裁断機の替刃の商品梱包状態

このようなタイプの裁断機を使っているのだが。重量は17kgでなかなかのヘビー級の筐体だ。

裁断機の替え刃はネットショップで利用できたので購入してみた。

梱包はショップによって異なるので一概に言えないが、驚くほどシンプルで笑った。ある意味エコ。

PDF自炊(自分で書籍電子化)用大型裁断機の替刃購入して交換してみた。

プチプチの中はこんな感じです。さび止の油たっぷりのの紙に包まれていた。このあたりが素人向けじゃなく玄人向けオーラを感じた。

PDF自炊(自分で書籍電子化)用大型裁断機の替刃購入して交換してみた。

油紙をめくると日本刀を思わすような新品の刃が現れた。当然日本刀の方が強靭なのはいうまでもない。

PDF自炊(自分で書籍電子化)用大型裁断機の替刃購入して交換してみた。

刃に穴が空いているところは、ねじ穴になる。流石に油ベトベトだと汚れるのでティッシュで吹いた。拭くときは注意が必要で緊張した。ちょっとでも油断すると新品の刃だ。指がスパッと切れる。

電子書籍裁断機替え刃の油ふき

爪に刃が当たっただけで、爪がえぐれて削ぎ落とされ、痛い思いをしたことがあるので舐めてはいけない。

大型裁断機の替え刃新旧比較。比べてわかる磨耗具合

せっかくなので裁断機の刃を並べてみて、新旧を比較してみた。新しい刃ではデザインに変更が加えられていて上部は面取りがされて丸みを帯びている。

裁断機の刃の新旧比較

アップしてみてみると、通りで最近裁断の切れ味が悪かったはずです。だいぶ刃こぼれが生じていて、部欠けていた。

裁断機替え刃進級比較 刃こぼれ 欠け

書籍電子化用裁断機の替え刃交換をしたら切れ味回復した。

指を切らないように慎重に新しい刃を裁断機にねじ止めして試しに裁断した。書籍を裁断する前は油が残っているので捨て紙で何度か試してから裁断することがオススメだ。

刃の交換前は切れ味が悪くて気持ちよくスパッと裁断できるようになった。どんどん自炊してみようとモチベーションも上がる。

裁断機の刃交換

これから溜まった本の背表紙を切って、PDF電子書籍化を考えているのであれば、替え刃が利用できるか否かを考えて購入するといい。知勇は、いくら裁断機自体が安くても、替え刃が利用できないと裁断機自体が数年で使えなくなる。場所も取るのでそれでは困る。

電子書籍化・自炊でおすすめの裁断機

実は現在は2代目の裁断機を使用している。

書籍電子化裁断機200DX

少々お値段が上がるがレバーを下げて裁断するときに圧が背表紙に対して均一にかかるため、切り口がにズレがない。レーザーがついていて面に対して裁断予定の線をガイドしてくれるので便利だ。

書籍電子化裁断機200DX レーザーガイド付き

気になる裁断機の収納も立てて置けるので場所を取らない。

書籍電子化裁断機200DX 収納便利 立てられる

コメント

タイトルとURLをコピーしました