おすすめ 健康

ジョギングのデータ収集!Nike iPod センサーでNikeのシューズ以外でも使用する方法

スポンサーリンク

Nikeのセンサー(Apple Nike iPod Sensor MA368J/E)を購入しました。
これを使うと自分が走った距離や時間の記録がアプリで取れます。

健康と体型維持のため、
たまーにジョギングしていました。。

でも、これがあれば、毎日ジョギングが楽しくなりそうです。

走った距離や時間のデータを取得できるので、
「見える化」できます。

Apple Nike iPod Sensor について

Apple Nike iPodセンサーは、
小判型の小さなセンサーです。

Nikeの靴底にセンサー専用の穴が開いてあり、
センサーを収納ができます。

さらに、iPodのアプリと連携することで、
自分が走った距離、時間を記録可能です。

Apple Nike + iPod Sensor専用のシューズでない場合の対処法

NIKEのシューズは靴底に、
センサーを入れる場所が確保されてるのですが、

他社のシューズの場合困ってしまいます…

センサーホルダーを使う

そんな時は靴紐にセンサーを収納できるホルダーを使用すると
NikeのシューズでなくともApple + Nikeのセンサーを使うことができます。
見た目もカッコよく自然です。

NIKE + iPodでジョギング。シューズにセンサーを入れる場所がないときホルダーあります!

センサーホルダーの感想

センサーの収まりもしっかりしています。

ジョギング中は足元は激しい動きになりますが、
外れる気がしません。

走って、家に帰ったら
高価なセンサーがどこかに飛んでいっていた!
なんて悲劇は起きそうにないくらい、
タイトにしっかりホールドしています。

ホルダーに蓋もついているのと、
袋部分の素材自体に伸縮性があるので、
しっかりセンサーを包み込んでいます。

ジョギングの記録を取る方法2選!

2009年の投稿時から時は経ち、
元号も平成から令和に変わりました。

この令和の時代に20代半ばの人には想像できないでしょうが、
当時はスマホ普及していませんでした。

iPhoneが日本で初めて発売されたのが2008年で、
取り扱いキャリアはSoftbankのみでした。

機種はiPhone 3Gで8GBモデルが23,040円で、
16GBモデルが34,560円でした。

スマホアプリも当然普及黎明期でした。

この背景を知れば、
靴紐にセンサーをくくり付けてジョギングできる!
しかもiPodのアプリで記録も取れる!

と、喜んでいた当時の様子がご理解いただけると思いますw

Apple Watch

ジョギングの記録を取る手段はいっぱいあります。
iPhoneをお使いであれば一番おおすすめはApple Watchです。

ジョギングだけでなく、歩数、脈拍など健康管理もさることながら、
SuicaやPASMO、Apple Payでの電子決済も可能です。

腕を近づけて、
改札口を開けたり、
決済タッチ端末で支払いが可能です。

戦隊モノのヒーローのように
腕に口を近づけて「はい、もしもし?」って電話も可能です。

Fitbit

Fitbitの魅力はバッテリーの持ちと値段です。

サイズもApple Watchと比較して、
こじんまりして収まりも良いです。

小さいながらも、心拍数、
睡眠時間など記録可能です。

実は私もここ3年ほどApple WatchからFitbitに乗り換えました。
なぜなら、週一回くらいの充電で良いので楽ちんだからです。

バンドなどもメーカー公式から、怪しい中華製までw
色々あります。

その日の気分によってバンドを変えておしゃれを楽しむことができます。
取り外しもボタンを押すだけで簡単です。

こちらもCHECK

DNA遺伝子イメージ
遺伝子検査で効率的ダイエット!結果レポートでジムのトレーニング見直しのヒント

スポンサーリンク ダイエットでジム通い。 初めの頃は体重もみるみる減少して、効果が目に見えて結果が出ている時期は気持ちがいいものです。 でも、そのうち体重減少ペースも次第に緩やかになり、「最近なかなか …

続きを見る

スポンサーリンク

ポチッとクリックで応援してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ

-おすすめ, 健康