埋没鳥居までのアクセス。桜島の観光名所といったらここ!近くに駐車場あり

PR

桜島の観光名所といったら

ここ!黒神埋没鳥居(くろかみまいぼつとりい)です。

埋没鳥居は車でのアクセスが便利。近くに駐車場もあり。

桜島の北側、電車は通ってないのでアクセスは車で行く必要があります。

車でのアクセスは
桜島フェリーターミナルから北周りの県道26号経由、
反対に南回りの国道224号経由、
どちらも24分程度です。

車でのアクセスで気になるのが駐車場
ご安心ください、埋没鳥居の近くには
ちゃんと駐車場がありました。

見学時間は時間制限なしで自由です。

埋没鳥居になったのは大正3(1914)年の大噴火

桜島はもともと、その名の通り「島」でした。
しかも結構最近といえば最近です。

大正3(1914)年の大噴火で噴出した大量の火山灰・軽石は、
上空8000m以上まで上昇し、
火山灰は遠くカムチャッカ半島まで飛んでいったといわれているそうです。
上空8000mといえばエベレストに迫る高さですね。
旅客機での水平飛行が高度10000mですので、
もしその時に桜島の近くを飛んだとしたら火山灰を少し見下ろす感じですね、

もともと埋没鳥居は高さ3m

黒神埋没鳥居こと「腹五社神社」の鳥居は、
大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされました。
もともと高さ3mあったという鳥居ですが、今は笠木部分の約1mを地上に見せるのみです。

噴火後、住民は神社の神聖な鳥居を掘り起こそうとしました。
しかし、当時の村長・野添八百蔵(のぞえやおぞう)氏の「後世に噴火の記憶を残そう」との英断により、
噴火直後の姿がそのまま現在に残されています。

埋没鳥居を後世に残す!村長の野添八百蔵の英断!

村長の野添八百蔵氏行動はまさに英断です。
英断あってこそ100年後でも私たちが「埋没鳥居」を訪れ
自然の脅威を目にすることができるのです。

是非とも訪れて欲しいところです。