PENTAX Q-S1購入の決め手。カメラマンはレンズが増えていく理由がわかった

PENTAX Q-S1を購入してしまいました…なぜ「してしまいました」なのかというと、カメラという中毒性のあるものだからです。購入して以来すっかりハマってしまいました。

PENTAX-Q-S1赤

PENTAX Q-S1の購入の決め手

PENTAX Q-S1の購入の決め手はズバリ!「デザイン」と「持ち運びしやすさ」です。

最近はスマホでも高画質の写真が撮れますが、ピントが「バシッ」と合い、周囲がボケたクオリティの高い写真を撮りたいとなるとスマホは所詮スマホです。一眼レフやミラーレス一眼のカメラにはかないません、

PENTAX Q-S1は携帯性に優れていて気軽に持ち運び可能

PENTAX Q-S1は外出時にそこまで意気込まなくて持ち運びできる携帯性の良さが秀逸。

流石にスマホと比べると携帯性は正直劣るが、そもそもジャンルが違うので比べてはいけない。同じカメラで比較すると、普通の本格的な一眼レフカメラは写真撮影性能は半端ない。ただ携帯というわけにはいかない。「持ち運ぶぞ!」と外出時に意気込まないくらいのサイズはある。写真撮影にどハマりしたら普通の一眼レフを購入するのだろうが、今はまず本格的なカメラはどんなものかを知りたい、写真を撮ることの勉強をしたい段階なので「とにかく撮る!」ために気軽に外に持ち出せるということが大事。

予算なども考慮した結果ミラーレス一眼のPENTAX Q-S1を選択しました。正直なところデザインに一目惚れというのが大きい。

早速試し撮りに出かけると良い感じで桜が咲いていました。

PENTAX Q-S1で撮影桜の花びら

下記はあらかじめPENTAX Q-S1に備わっているBC(ボケコントロール)での撮影のサンプル。おもいっきり、「プログラムでぼかしました!」って感じですが、使い方によっては、何がしかに使えそうな面白いエフェクトだと思いました。

PENTAX Q-S1で撮影BCモード桜の花びら

趣味が1眼レフカメラの人あるある「レンズが増えていく」

NikonやCanonのレンズをつけられるアダプタもあるので、それを装着すると、超望遠なども楽しめる。一眼を買って気づいたのですが、レンズを交換すると撮れる写真のバリエーションが広がります。カメラを趣味でやっている人はやたらレンズが増えていくことが不思議だったのですが、実際に自分もカメラを初めてみてその気持ちがわかるようになりました。気づいたらQ-S1専用レンズを全てゲットしちゃいました。

レンズも通常の一眼と比較し安価なので、専用レンズ毎のレビューも今後試してみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました